[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあるように「金属錯体触媒」をテーマとして開催することとなりました。実はこの企画、第4回と同じく、CSJカレントレビューとのコラボレーション企画…

  2. 加藤 昌子 Kato Masako

    加藤 昌子(かとう まさこ、Kato Masako、19xx年 -)は、日本の化学者である (写真は…

  3. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

    第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

  4. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  5. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

    長谷川靖哉(はせがわやすちか)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は希土類元素を利…

  6. 石谷 治 Osamu Ishitani

  7. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  8. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  9. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  10. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  11. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

  12. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  13. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  14. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  15. トランス効果 Trans Effect

  16. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シューミン・リー Shu-Ming Li
  2. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  3. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  4. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  5. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  6. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  7. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

PAGE TOP