[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

    第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科に所属し、応用配位化学と超分子化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

    第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

  3. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

    フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

  4. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

    こんにちは、Spectol21です。だんだん夏本番という感じになってきました。ケムステVシンポは…

  5. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

    正岡 重行(まさおか しげゆき、Masaoka Shigeyuki、197x年 -)は、日本の化学者…

  6. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

  7. 加藤 昌子 Kato Masako

  8. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  9. 八木 政行 Masayuki Yagi

  10. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  11. 石谷 治 Osamu Ishitani

  12. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  13. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  14. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  15. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  16. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent
  2. デンドリマー / dendrimer
  3. 無保護アミン類の直接的合成
  4. 伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール
  5. Carl Boschの人生 その4
  6. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  7. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

注目情報

最新記事

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

薬剤師国家試験は、医療系国家試験の中でも比較的ハイレベルな化学の知識が問われる唯一の…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

Tshozoです。先日TVを眺めていて「かわいいワンちゃんの体をダニとノミから守るためにお薬を飲ませ…

PAGE TOP