[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

    正岡 重行(まさおか しげゆき、Masaoka Shigeyuki、197x年 -)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は無機・錯体化学、機能物質化学。特に金属錯体を利用した人工光合成系の開発で顕著な業績をあげている。大阪…

  2. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  3. 加藤 昌子 Kato Masako

    加藤 昌子(かとう まさこ、Kato Masako、19xx年 -)は、日本の化学者である (写真は…

  4. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

    第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

  5. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  6. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  7. 石谷 治 Osamu Ishitani

  8. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  9. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  10. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  11. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  12. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

  13. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  14. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  15. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  16. トランス効果 Trans Effect

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  2. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授
  3. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  4. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  5. 燃える化学の動画を集めてみました
  6. 「人工知能時代」と人間の仕事
  7. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

PAGE TOP