[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

    第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科に所属し、応用配位化学と超分子化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

    第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

  3. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

    フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

  4. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

    こんにちは、Spectol21です。だんだん夏本番という感じになってきました。ケムステVシンポは…

  5. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

    正岡 重行(まさおか しげゆき、Masaoka Shigeyuki、197x年 -)は、日本の化学者…

  6. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

  7. 加藤 昌子 Kato Masako

  8. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  9. 八木 政行 Masayuki Yagi

  10. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  11. 石谷 治 Osamu Ishitani

  12. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  13. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  14. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  15. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  16. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アスパラプチン Asparaptine
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  3. 光薬理学 Photopharmacology
  4. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  5. 鉄触媒を使い分けて二重結合の位置を自由に動かそう
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  7. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)rhodium(I) Dimer

注目情報

最新記事

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

PAGE TOP