[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 白金イオンを半導体ナノ結晶の内外に選択的に配置した触媒の合成

    第559回のスポットライトリサーチは、京都大学化学研究所 物質創製化学研究系 精密無機合成化学研究分野(寺西研究室)に在籍され、現在はマックス・プランク固体研究所(Lotsch研究室) に所属の遠藤 健一(けんどう けんいち)博士にお願いし…

  2. キレート効果 Chelate Effect

    複数の配位原子を持ち、それらを 2-3 原子程度離して持つような配位子は、金属原子を挟み込むように配…

  3. 赤色発光する希土類錯体で植物成長促進の実証に成功

    第455回のスポットライトリサーチは、北海道大学 化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD)、大学…

  4. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

    第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

  5. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

    第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

  6. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

  7. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

  8. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

  9. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

  10. 加藤 昌子 Kato Masako

  11. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

  12. 八木 政行 Masayuki Yagi

  13. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  14. 石谷 治 Osamu Ishitani

  15. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  16. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】
  2. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  3. 【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-
  4. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  5. 第158回―「導電性・光学特性を備える超分子らせん材料の創製」Narcis Avarvari教授
  6. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  7. ホフマン脱離 Hofmann Elimination

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

PAGE TOP