[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

    正岡 重行(まさおか しげゆき、Masaoka Shigeyuki、197x年 -)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は無機・錯体化学、機能物質化学。特に金属錯体を利用した人工光合成系の開発で顕著な業績をあげている。大阪…

  2. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  3. 加藤 昌子 Kato Masako

    加藤 昌子(かとう まさこ、Kato Masako、19xx年 -)は、日本の化学者である (写真は…

  4. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

    第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

  5. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  6. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  7. 石谷 治 Osamu Ishitani

  8. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  9. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  10. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  11. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  12. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

  13. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  14. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  15. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  16. トランス効果 Trans Effect

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2016年2月の注目化学書籍
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~5Gで活躍する化学メーカー編~
  3. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表
  4. 有機EL素子の開発と照明への応用
  5. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻訳
  6. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  7. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

注目情報

最新記事

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

PAGE TOP