[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

    正岡 重行(まさおか しげゆき、Masaoka Shigeyuki、197x年 -)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は無機・錯体化学、機能物質化学。特に金属錯体を利用した人工光合成系の開発で顕著な業績をあげている。大阪…

  2. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  3. 加藤 昌子 Kato Masako

    加藤 昌子(かとう まさこ、Kato Masako、19xx年 -)は、日本の化学者である (写真は…

  4. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

    第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

  5. 八木 政行 Masayuki Yagi

    八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

  6. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

  7. 石谷 治 Osamu Ishitani

  8. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  9. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa

  10. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai

  11. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  12. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

  13. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  14. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  15. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  16. トランス効果 Trans Effect

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  2. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  3. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  4. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  5. 第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授
  6. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  7. 計算化学:基底関数って何?

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

PAGE TOP