[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. トランス効果 Trans Effect

    平面四角形錯体の配位子置換反応において、脱離基 X のトランス位に存在する配位子 Ltrans が X の置換を促進する現象をトランス効果という。基本文献トランス効果Quagliano, J. V.; Schubert, L…

  2. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  3. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

    2014年、東京大学の藤田誠・澤田智久らは、短鎖ペプチドをリンカーとする配位高分子錯体を合成し、その…

  4. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

    第64回のスポットライトリサーチは、長崎大学大学院工学研究科(馬越研究室)の堀内新之介 助教にお願い…

  5. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

    今年は既に3回目、そして昨年より第13回目となるスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科(…

  6. NMR in Organometallic Chemistry

  7. もし炭素原子の手が6本あったら

  8. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る

  9. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟

  10. エチレンをつかまえて

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ムスカリン muscarine
  2. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  3. CSJカレントレビューシリーズ書評
  4. CYP総合データベース: SuperCYP
  5. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  6. ピナー反応 Pinner Reaction
  7. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

PAGE TOP