[スポンサーリンク]


医薬品

  1. ニキビ治療薬の成分が発がん性物質に変化?検査会社が注意喚起

    2024年3月7日、ブルームバーグ・ニュース及び Yahoo! ニュースに以下のような記事が掲載されました。ニキビ治療薬に配合されている化合物が、日常に使用する条件下で発がん性物質に変化し得ることを米国の検査会社…

  2. 便秘薬の話

    酸化マグネシウム、といえば、皆さんは何をまず思い浮かべるだろうか。中学の理科で出てきた、マグネシ…

  3. アセトアミノフェン Acetaminophen

     アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

  4. 第52回「薬として働く人工核酸を有機化学的に創製する」和田 猛教授

    第52回目の研究者へのインタビューは東京理科大学の和田猛先生にお願いいたしました。第23回ケムステV…

  5. その病気、市販薬で治せます

    (さらに…)…

  6. 痔の薬のはなし 真剣に調べる

  7. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ

  8. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ あとがき

  9. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2

  10. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

  11. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは

  12. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  13. 「温故知新」で医薬品開発

  14. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

  15. Innovative Drug Synthesis

  16. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エコエネルギー 家庭で競争
  2. 香りの化学2
  3. 第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!
  4. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」
  5. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  6. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  7. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP