[スポンサーリンク]


医薬品

  1. 第52回「薬として働く人工核酸を有機化学的に創製する」和田 猛教授

    第52回目の研究者へのインタビューは東京理科大学の和田猛先生にお願いいたしました。第23回ケムステVシンポの講師です。昨今の核酸医薬の注目度の高さから、第一人者である同先生は大忙し。そんななかでも考古学や、音楽などの趣味を忘れない、…

  2. その病気、市販薬で治せます

    (さらに…)…

  3. 痔の薬のはなし 真剣に調べる

    Tshozoです。4人きょうだいの一番下で甘やかされ精神年齢が低いまま育ったせいか、今でも実…

  4. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ

    Tshozoです。今回は自分の興味が反応したため短くまとめてみることにいたしました。きっかけはこちら…

  5. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ あとがき

    Tshozoです。「ま た お ま え か」と言われるかもしれませんが前回、前々回のあとがき代わりに…

  6. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2

  7. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

  8. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは

  9. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  10. 「温故知新」で医薬品開発

  11. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

  12. Innovative Drug Synthesis

  13. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

  14. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

  15. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続

  16. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  2. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  3. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授
  4. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  5. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  7. 可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機蓄光の実現〜

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP