[スポンサーリンク]


物理化学

  1. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物理有機化学者・ケミカルバイオロジストである。カリフォルニア工科大学 教授。(写真: Dougherty Group) (さらに&hell…

  2. 世界初の有機蓄光

    第128回のスポットライトリサーチは、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA…

  3. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)…

  4. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見

    第111回のスポットライトリサーチは、金沢大学理工研究域バイオAFM先端研究センター 福間研究室の宮…

  5. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  6. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  7. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  8. 君には電子のワルツが見えるかな

  9. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  10. 172番元素までの周期表が提案される

  11. 中村栄一 Eiichi Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  2. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  3. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  4. ヒドラジン
  5. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  6. アルカロイド alkaloid
  7. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP