[スポンサーリンク]


物理化学

  1. エキモフ, アレクセイ イワノビッチ Екимов, Алексей Иванович

    エキモフ, アレクセイ イワノビッチ(Екимов, Алексей Иванович, Alexei Ekimov, 1945年2月28日-, ソビエト連邦生まれ)は、アメリカ在住の物理化学者である。Nanocrystals Tech…

  2. 世界で初めて有機半導体の”伝導帯バンド構造”の測定に成功!

    第523回のスポットライトリサーチは、千葉大学 吉田研究室で博士課程を修了された佐藤 晴輝(さとう …

  3. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准教授

    第56回目の研究者へのインタビューは立命館大学の小林洋一 先生にお願いいたしました。小林先生…

  4. 小林 洋一 Yoichi Kobayashi

    小林 洋一(こばやし よういち)は、日本の物理化学者である。専門は光化学、時間分解分光、機能物質化学…

  5. 【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

    3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

  6. 単分子の電気化学反応を追う!EC-TERSとは?

  7. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wilhelm Huck教授

  8. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

  9. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

  10. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授

  11. 第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

  12. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  13. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

  14. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

  15. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

  16. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サリンを検出可能な有機化合物
  2. 低温低圧・常温常圧窒素固定の反応開発 最新情報サマリー その1
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  5. Innovative Drug Synthesis
  6. 室温以上で金属化する高伝導オリゴマー型有機伝導体を開発 ―電子機能性を制御する新コンセプトによる有機電子デバイス開発の技術革新に期待―
  7. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP