[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

 

概要

ラジカル条件下、N-コハク酸イミド(NBS)による臭素化を行う手法。溶媒としてはラジカル条件に強い四塩化炭素などが用いられる。

臭素化は、末端よりは内部位で優先して起こる(ラジカル中間体の安定性を反映しているため)。

基本文献

 

反応機構

実際に臭素供与体として働くのは、系中で極微量生じているBr2であり、NBSではないことに注意。臭素が大量に存在している場合、副反応が避けられない。
ene-x-3.gif

反応例

臭素化は内部位で優先する。以下はその例[1] wohl_ziegler_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Greenwood, F.L.; Kellert, M. D.; Sedlak, J. Org. Synth. 1958, 38, 8. [website]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  2. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  3. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …
  4. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…
  5. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  6. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  7. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  8. パーキン反応 Perkin Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion
  2. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  3. ヒノキチオール (hinokitiol)
  4. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  5. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  6. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  7. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  9. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  10. ホウ素と窒素で何を運ぶ?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP