[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

[スポンサーリンク]

第135回の海外化学者インタビューはデヴィッド・アンドリュー教授です。イースト・アングリア大学化学科に所属し、光―物質相互作用の量子論を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

幼い頃から科学に興味を持ち、ロンドン科学博物館を初めて訪れたのが印象に残っています。多くの若者と同じように私も化学セットを持っていました。基本的な化学薬品を、よりエキゾチックな化合物や試薬で補うべく、父が業者へ連れて行ってくれたことを覚えています。6年生の時に、割れたメガネをかけた野暮ったい髪のウェールズ人の先生が化学を教えてくれたのですが、彼の情熱はかなり伝染しました。同じクラスだった15人のうち、少なくとも3人は化学の道に進み、高位の学位を取得しました。私たちの先生は本当に影響力があったのです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

喜んでグラフィックデザインの道に進みたいと思います。魅力的なテーマであり、現在入手可能な素晴らしいソフトウェアで何時間でも遊べます。端正なグラフィックは、科学出版においてとても重要な役割を果たします。優れたアートワークは、視覚的に喜ばれ、情報に富むものでなくてはなりません。デンドリマーの対称性の概念に触発された娘が最近、私の本の表紙画像をオーダーメイドで制作してくれました。他の何冊かは、私自ら選びとって制作してきました。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

研究グループで現在の取り組んでいることのほとんどは、「光結合」と呼ばれている現象、つまり光それ自体が分子間や粒子間の力を生成し、修正できるという驚くべき発見に関わっています。一言で言えば、マイクロ/ナノ粒子を光によって操作し、安定で非接触的な集積へと導くことが可能になったということです。分子内での原子結合のスケールアップ版のようなものです。 現在目論んでいる通りの成果が得られれば、ナノ加工分野での大きな進歩につながる可能性があります。

Q.あなたがもし 歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

なんという質問でしょう! 最優先リストの中には、マイケル・ファラデーが含まれています。彼はあまり恵まれない出自だったにもかかわらず、先駆的な実験と化学、光学、電磁気学への鋭い洞察力によって世界的に有名になりました。有名になった人にありがちな尊大な感じがなく、魅力的で和気あいあいとしている方だと思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

昨年、同僚と一緒にセントアンドリュース大学を訪れ、高度な光学マイクロマニピュレーションキットを体験させてもらいました。これは、学部時代の実験以来、最も親しみを持てる体験でした。学生時代は研究室に首ったけで物理化学は楽しかったのですが、有機実験は特に怖かったです。3年生から理論のプロジェクトをやらせてもらいましたが、実学的なことは何も出来ませんでした。現代的な研究室に加えてもらうのは、かなりリスクが高いと思います。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本については、トーマス・ハーディならほぼ何でもいいですが、選ぶなら『A Pair of Blue Eyes』です。

音楽アルバムについては、ロリーナ・マッケニットの『The Mask and the Mirror』がいいでしょう。天使のような声をもつ彼女の歌は、心が痛くなるほど美しいです。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

トロント大のグレッグ・ショールズ氏を選びます。最も尊敬する科学者であり、非常に控えめで謙虚な人物です。彼の意見を聞く価値は十分にあると思います。

 

原文:Reactions – David Andrews

※このインタビューは2009年10月30日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授…
  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…
  3. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」S…
  4. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Pl…
  5. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis…
  6. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  7. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav …
  8. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. YADOKARI-XG 2009
  2. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当
  3. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  4. 岸 義人 Yoshito Kishi
  5. 学術論文を書くときは句動詞に注意
  6. (–)-Vinigrol短工程不斉合成
  7. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  8. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  9. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  10. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP