[スポンサーリンク]


研究

  1. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

    皆さん、ご存知の通りかと思いますがCOVID-19の影響で海外の多くの国では大学院や研究所の閉鎖が相次いでいます。今回の記事では、そんな事態にならないように我々ができること、そうなりそうな場合に我々がすべきこと、テレワークを導入した場合にど…

  2. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」

    はじめに最初に軽い自己紹介をしたいと思います。私は日本で学士取得後、直接海外の大学院に留学して博…

  3. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

    基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

  4. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー

    どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

  5. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)

    私たち太陽ホールディングスは「楽しい社会を実現する」という経営理念をもとに事業分野を広げ、世界をリー…

  6. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

  7. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

  8. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

  9. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち

  10. 元素のふしぎ展に行ってきました

  11. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  12. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに

  13. 企業の研究開発のつらさ

  14. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  2. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  3. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  4. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  5. サントリー白州蒸溜所
  6. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

PAGE TOP