[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに

 

当サイトで紹介させていただいた最近話題になっているChemistry Reference Resolver(記事:こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」)。筆者も大変重宝させていただいています。製作者のZhurakovskyi氏に大変感謝いたします。
ケムステにも搭載しようと考えましたが、わざわざそのサイトにいかなければならないのは何度も繰り返すと面倒になってきます。そう人間というものは究極のめんどくさがり屋なので、できるだけ簡単にしたい便利にしたいと思う生き物です。それがカガクです。作者のZhurakovskyi氏もFirefox用の検索アドオンを用意してくれましたが、なんとも野暮ったい。
というわけで、ケムステ化学者のつぶやき読者様のために用意しました。
 題して、化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに!
ご覧アレ!
*この記事は筆者がIEが嫌いなのでSafariとFirefoxをブラウザを使っている人に有効です(Chromeユーザーの方ごめんなさい)。特にMacを利用している方はすぐに利用できると思います。

  • 化学検索ツールをあなたのブラウザに:Firefoxバージョン
 方法は簡単です。いやいや、とはいっても難しいんでしょ…大丈夫です。PCに慣れている方だったら30秒で搭載できます。
1. アドオン「Add to Search Bar 2.0」をダウンロード。勝手にインストールされます。
addtoserarchbar.png
Add to Search Bar
2.Chemistry reference resolverのサイトへ行き、検索バーの中にカーソルを置いて右クリック。コンテキストメニューの「サーチバーに追加」をクリック。「検索エンジンの追加」というポップアップが登場するのでそのまま「OK」をクリック
chemref2.png
右クリックするとこんなコンテキストメニューが。
以上です。
 これで、すでにFireFoxの右上、「検索バー」にChemistry reference resolverが追加されていると思います。機能は全く同じです。
chemref3.png
できたかな?
 これはFormタグで検索エンジンを作っているどのサイトにも応用できます。例えば我々のサイトの有機合成反応データベース「ODOOS」も導入可能です。さて、これで各サイトに良く必要はありませんね….って、たまには来てくださいね。残念ながらAldrichの物性検索等には応用できません。またそれは他の方法がありますので後日お話したいと思います。
  • 化学検索ツールをあなたのブラウザに:Safariバージョン
 さて、おまたせ、
  “生粋のMacユーザー、ブラウザもSafariでないと我慢出来ないゼ!”
という方。筆者もその一人なので、以下の2つのタイプを用意しました。それぞれ自分の立場でご利用くださいね。
 タイプ1: 有機化学が専門でわざわざ検索窓を変更するのもめんどくさい。さらに、様々な化学系リンクがあったほうがいいなあ。実はWindowsでSafari使ってたりもする。
 タイプ2: 上記のFirefoxでやったことをSafariでもお願い☆
 

タイプ1

  Safariの拡張機能ってご存知ですか。化学者とくに有機化学者専用の拡張機能 (ChemRef Ver 2.0)を作りました!下記のアイコンをクリック!拡張機能がダウンロードされます。
chem_ref10.png
ChemRef Ver. 2.0
 ダウンロードフォルダにChemRefフォルダが展開されたと思います。その中にある、chemref.safariextzをクリックします。すると、ポップアップメニューで次の画面が現れます。迷わずインストールをクリックしてください。
chemref_install.png
インストールしよう
すると、トップに以下のような検索バーが登場します。
chemrefbar.png
検索バー。クリックして拡大
これで完成です。
 ツールバーには適当に化学研究に役立ちそうなものを揃えました。Ver2.0とありますが、βバージョンなので、ご意見があればいくらでも変更可能です。自由に使ってやってください。
<
/div>

instruction.png
ツールバーの説明
続いて、
タイプ2
 まず、Glimsという機能拡張をインストールします。Glimsは検索バーからインクリメンタルサーチや、検索結果にサムネイルを付加することのできるMac用のソフトです。インクリメンタルサーチができるということは、そうですね、それを設定すれば検索バーで大抵の検索エンジンの検索はできてしまうわけです。
glimsdownload.png
Glimsのトップページ
 インストール後、Safariの環境設定を開いてGlimsがインストールされていれば、環境設定にGlimsの項目ができています。このソフト様々なことができますが、今回の目的には2番目の検索エンジンリスト。ここで追加を押して、以下の図の様に設定します。これで、上記のFirefoxアドオンと同じことができます。
crere.png
図のように設定。ショートカットを入れておくとさらに便利
 この方法のよいところは、理論的にはどの検索エンジンも導入可能であるということ。もちろんAldrichの化合物検索も。ここでは記載しませんがぜひ試してみましょう。
 以上、化学検索ツールをブラウザに実装する簡単な方法を紹介しました。実は現在その他にも様々なスクリプト用意しています。例えば、論文(PDF)のリファレンスから右クリックだけで、論文にアクセス、しかもひとつではなくまとめてもOK。2クリックでリファレンスのすべての論文を開くことができます(対応論文のみ)。また、論文中の試薬名から直接Aldrichにアクセスなどなど。この話も含めまして月刊「化学」かなにかに記事を書こうと思っていますのでしばしお待ちを。化学者が化学研究を遂行する上でかゆいところに届く情報を提供し、研究が加速することを祈っています。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  2. タキサン類の全合成
  3. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  4. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成
  5. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  6. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  7. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFi…
  8. 【書籍】液晶の歴史

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  2. 分子素子の働き せっけんで確認
  3. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  4. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  5. 有機EL organic electroluminescence
  6. (-)-ナカドマリンAの全合成
  7. π-アリルパラジウム錯体
  8. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  9. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  10. BASFとはどんな会社?-2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP