[スポンサーリンク]

C

コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

 

概要

アルデヒドからの一炭素増炭(Homologation)によるアルキン合成。

1,1-ジハロアルケンを、2当量のアルキルリチウム処理した後、得られたリチウムアセチリドを酸で処理すると末端アセチレンが選られる。この際、酸の変わりに種々の求電子剤を捕捉剤として用いると、One-Potで二置換アルキンへと変換できる。

強塩基性条件に耐えない基質には適用不可。

基本文献

  • Corey, E. J.; Fuchs, P. L. Tetrahedron Lett. 1972, 3769. DOI: 10.1016/S0040-4039(01)94157-7
  • Review: Eymery, F.; Iorga, B.; Savignac, P. Synthesis 2000, 185. DOI: 10.1055/s-2000-62

反応機構

ジブロモオレフィンへの変換はWittig反応Appel反応類似の機構で進行する。
アルキルリチウムによるアセチレンへの変換は、単純なE2脱離機構では無い。α脱離からのカルベン中間体生成→転位機構で進行するとされている。これは13C標識実験によって確認されている。(参考:Fritsch-Buttenberg-Wiechell転位)
al-yne1.gif

反応例

(-)-Laulimalideの合成[1] corey_fuchs_3.gif

実験手順

[1] Ghosh, A. K.; Wang, Y. J. Am. Chem. Soc. 2000122, 11027. DOI: 10.1021/ja0027416

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Corey-Fuchs Reaction (organic-chemistry.org)
Corey-Fuchs Reaction (Wikipedia)
コーリー・フックス反応 (Wikipedia日本)

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  2. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetr…
  3. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…
  4. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  5. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  6. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  7. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  8. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  2. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  3. 生涯最高の失敗
  4. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  5. コランヌレン : Corannulene
  6. ノーベル化学賞明日発表
  7. クリック反応の反応機構が覆される
  8. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  9. 化学オリンピック完全ガイド
  10. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP