[スポンサーリンク]

C

コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

 

概要

アルデヒドからの一炭素増炭(Homologation)によるアルキン合成。

1,1-ジハロアルケンを、2当量のアルキルリチウム処理した後、得られたリチウムアセチリドを酸で処理すると末端アセチレンが選られる。この際、酸の変わりに種々の求電子剤を捕捉剤として用いると、One-Potで二置換アルキンへと変換できる。

強塩基性条件に耐えない基質には適用不可。

基本文献

  • Corey, E. J.; Fuchs, P. L. Tetrahedron Lett. 1972, 3769. DOI: 10.1016/S0040-4039(01)94157-7
  • Review: Eymery, F.; Iorga, B.; Savignac, P. Synthesis 2000, 185. DOI: 10.1055/s-2000-62

反応機構

ジブロモオレフィンへの変換はWittig反応Appel反応類似の機構で進行する。
アルキルリチウムによるアセチレンへの変換は、単純なE2脱離機構では無い。α脱離からのカルベン中間体生成→転位機構で進行するとされている。これは13C標識実験によって確認されている。(参考:Fritsch-Buttenberg-Wiechell転位)
al-yne1.gif

反応例

(-)-Laulimalideの合成[1] corey_fuchs_3.gif

実験手順

[1] Ghosh, A. K.; Wang, Y. J. Am. Chem. Soc. 2000122, 11027. DOI: 10.1021/ja0027416

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Corey-Fuchs Reaction (organic-chemistry.org)
Corey-Fuchs Reaction (Wikipedia)
コーリー・フックス反応 (Wikipedia日本)

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  2. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyau…
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  5. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesi…
  6. ウギ反応 Ugi Reaction
  7. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  8. エタール反応 Etard Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  2. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  3. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  4. 村井 眞二 Shinji Murai
  5. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  6. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  7. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  8. comparing with (to)の使い方
  9. チアミン (thiamin)
  10. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP