[スポンサーリンク]


2007年 7月

  1. アイルランドに行ってきた②

    ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organic Chemistry(ESOC2007)で行われた最先端の研究発表を紹介します。前回からの続きです。 (さら…

  2. アイルランドに行ってきた①

     先日ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organi…

  3. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

    信越化学工業は、2007年4-6月期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比10…

  4. ブートキャンプ

    ブートキャンプ(boot camp)といえば、今話題、アメリカフィットネス界カリスマと言われるスーパ…

  5. コーヒーブレイク

    家に置いてあるコーヒーパックが一つ空になりました。ただ、知り合いから日本からのお土産にコーヒー豆…

  6. Independence Day

  7. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

  8. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威

  9. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請

  10. むずかしいことば?

  11. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟

  12. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama

  13. ピンナ酸の不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  2. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  3. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録③ 〜博士,車を買う~
  5. 来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記
  6. アフリカの化学ってどうよ?
  7. 結晶作りの2人の巨匠

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP