[スポンサーリンク]

一般的な話題

マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(2)

[スポンサーリンク]

本シリーズでは、マイクロ波のアプリケーションに焦点を絞り、その原理や効果、経済的なメリット、新たなプロダクトの創出、スケールアップ事例について紹介する。前回の記事ではアプリケーションの具体的事例の一部を紹介した。本記事では、続いて具体的事例について紹介する。

エマルジョン系

マイクロ波は反応基質や触媒に直接エネルギー伝達できる。この性質を利用することで、水層と油層が混在するエマルジョン系の化学反応においても、水層の選択加熱によって反応促進や劣化抑制を行える。

外部加熱方式においては、水層と油層のいずれも溶解する溶媒の使用が必要となる。最終製品への溶媒残留を嫌い、反応の無溶媒化を試みたとしても、今度は高温伝熱面との接触による着色や劣化などの課題が発生してしまう。

しかし、基質や触媒を直接、選択的に加熱できるマイクロ波反応においては無溶媒化だけでなく、高温な伝熱面を必要としないので着色や劣化も回避できる(出願済み)。また、無溶媒化は、設備の小型化や連続化にも潜在的に寄与する。

乾燥、凍結乾燥

従来の乾燥/凍結乾燥プロセスにおいては、外部雰囲気や熱媒などのエネルギー媒体を通じて、蒸発・昇華に必要なエネルギーを乾燥対象物へ間接的に供給する。エネルギーは、乾燥対象物の外部表面から供給されるため、対象物内部での温度分布形成は避けられない。このため、内部乾燥効率の低下や、乾燥時間の増大、表面の過乾燥による品質劣化などが発生する。

一方で、波そのものがエネルギーの伝達媒体であるマイクロ波乾燥では、乾燥対象物(Ex. 氷、水、溶媒)へ直接エネルギーが伝達される。したがって、温度分布が形成されにくく、内部加熱も可能である。効果として、乾燥速度向上や均一乾燥、温度低下による品質向上を達成することができる。

以下に、セラミックスの乾燥事例をご紹介する。マイクロ波と大気炉による乾燥において、セラミックスの内部温度および表面温度をモニターした。通常乾燥 (大気炉)において生じる外側から内側にかけての温度分布が、マイクロ波乾燥では生じていないことが分かる。

また、凍結乾燥は極めて長い装置占有時間が必要であり、製造コストが一つの課題として知られる。こちらにおいても、マイクロ波の活用によって、氷分子への選択的なエネルギー伝達ができるため、凍結乾燥速度は2倍以上に向上することを確認している。

以下は、モデル実験による通常法とマイクロ波凍結乾燥との比較結果、および当社保有の検証設備である。グラフからも乾燥時間が格段に短縮されていることが読み取れる。

ナノ粒子合成(均一加熱)

ナノ粒子の合成は、温度依存的な粒子成長を伴うプロセスである。電材などの用途において粒子径分布の最適化は極めて重要だが、外部伝熱面からのエネルギー伝達に依存する通常加熱法においては、反応器内部に温度分布が生じ、合成されるナノ粒子の粒子径分布が課題となる。温度分布はスケールアップに伴い大きくなってしまうため、ナノ粒子合成のスケールアップは一般に困難であると言われる。

一方で、マイクロ波は反応液を直接、内部から加熱することができるため、反応器内部の温度分布を均一化できる。当社は、ナノ粒子の粒子径分布狭小化を実現しつつスケールアップも達成している。

フィルム加熱

実は、フィルム領域においてもマイクロ波は活用できる。用途は、乾燥、表面処理、剥離、接着など様々で、Roll to rollのようなフィルムが搬送された環境においても適用することが可能である。

例えば、フィルムの特定層の加熱・焼成や水の選択加熱による数倍以上の乾燥速度向上も可能である。

また、接着剤の選択加熱によって、基材への熱ダメージを低減することも可能である。

当社では、顧客所有のフィルム製造ラインにアドオンすることを想定した設備として、フィルム加熱装置を開発・保有している。マイクロ波の電磁界を任意の箇所に集中させ、乾燥や焼成を効率化することができる。

焼成

最後に、マイクロ波による固体焼成を紹介する。当社においても、1000℃を超える領域での焼成を扱っている。物質選択的な加熱を得意とするマイクロ波焼成においては、対象物質温度>>雰囲気温度の環境を作ることが可能である。外部雰囲気も含めて全体を加熱する通常加熱とは、この点で大きく異なる。

そのため、省エネ化や急速昇温、バルク温度低減による装置負荷低減、さらには新規物性発現が見られる例もある。

本記事はマイクロ波化学株式会社からの寄稿記事です。

会社プロフィール

マイクロ波化学株式会社

マイクロ波を活用した製造プロセスの開発や、従来技術では製造困難な新素材開発に取り組む阪大発ベンチャーです。この技術は、医薬、電子材料、食品、燃料など、幅広い分野における製造プロセスへ応用が可能で、弊社は国内外の様々なメーカーとの共同開発や独自プラント立ち上げを通し、化学産業のオープンイノベーションを推進しています。

大阪府吹田市山田丘2番8号テクノアライアンス棟3階

代表番号:06-6170-7595

メール:info@mwcc.jp

URL:https://mwcc.jp/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUni…
  2. NaHの水素原子の酸化数は?
  3. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  4. 化学のうた
  5. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  6. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  7. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  8. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  2. 非古典的カルボカチオンを手懐ける
  3. フィリピン海溝
  4. 豚骨が高性能な有害金属吸着剤に
  5. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  6. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  7. 結晶作りの2人の巨匠
  8. 四国化成工業ってどんな会社?
  9. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate
  10. シューミン・リー Shu-Ming Li

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前、手塚治虫氏の作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載ってい…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP