[スポンサーリンク]


2009年 6月 30日

  1. パーキン反応 Perkin Reaction

    概要Knoevenagel反応と同様の条件下(塩基性)で、酸無水物が芳香族アルデヒドやケトンと脱水縮合し、置換オレフィンを生成する反応。 (さらに…)…

  2. ウギ反応 Ugi Reaction

    アルデヒド・ケトン、イソニトリル、カルボン酸、アミン → アミド概要アルデヒド・イソニトリル…

  3. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation

    概要Ru(II)-BINAP触媒および水素を用いて、オレフィンもしくはケトンの不斉還元を行う方法…

  4. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

    概要アルコールをチオカルボニル化合物へと変換後、ラジカル条件で脱酸素化を行う反応…

  5. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation

    概要分子間Michael反応→分子内アルドール縮合により、6員環を含む縮環化合物…

  6. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

  7. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction

  8. プメラー転位 Pummerer Rearrangement

  9. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction

  10. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration

  11. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告
  2. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  3. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  4. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  6. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  7. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)

注目情報

最新記事

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

PAGE TOP