[スポンサーリンク]


2009年 9月 07日

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation

    概要Arndt-Eistert合成とは逆に、エステル(カルボン酸)の炭素数をひとつ減少する為の手法。 (さらに…)…

  2. リッター反応 Ritter Reaction

    概要カルボカチオンへのニトリルの求核付加反応。付加体は水と反応してアミドを与える…

  3. チャップマン転位 Chapman Rearrangement

    概要O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。 (さ…

  4. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination

    概要ロジウム触媒を用いて系中で金属ナイトレノイド(nitrenoid)を生成させ、C-H…

  5. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid

    概要金属カルベノイドは不活性C-H結合に挿入反応を起こす。挿入に関わるC-Hの立…

  6. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement

  7. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

  8. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction

  9. 日本にノーベル賞が来る理由

  10. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?

  11. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  12. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. as well asの使い方
  2. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction
  4. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  5. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  6. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction
  7. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP