[スポンサーリンク]

C

チャップマン転位 Chapman Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。

基本文献

  • Mumm, O. et al. Ber. 1915, 48, 379.
  • Chapman, A, W. J. Chem. Soc. 1925, 127, 1992.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1927, 129, 174.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1929, 131, 569.
  • Schulenberg, J. W. et al. Org. React. 196514, 1.

 

反応機構

(参考:J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2 1983, 1369.)
chapman_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ベティ反応 Betti Reaction
  2. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrange…
  5. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  6. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  7. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  8. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機アジド(2):爆発性
  2. ドライアイスに御用心
  3. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  4. シクロクラビン cycloclavine
  5. 近況報告PartI
  6. マタタビの有効成分のはなし【更新】
  7. メタンハイドレートの化学
  8. 三次元アクアナノシートの創製! 〜ジャイロイド構造が生み出す高速プロトン輸送〜
  9. NMR解析ソフト。まとめてみた。①
  10. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP