[スポンサーリンク]

C

チャップマン転位 Chapman Rearrangement

 

概要

O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。

基本文献

  • Mumm, O. et al. Ber. 1915, 48, 379.
  • Chapman, A, W. J. Chem. Soc. 1925, 127, 1992.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1927, 129, 174.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1929, 131, 569.
  • Schulenberg, J. W. et al. Org. React. 196514, 1.

 

反応機構

(参考:J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2 1983, 1369.)
chapman_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  2. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  3. マイケル付加 Michael Addition
  4. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  5. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…
  6. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  7. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  8. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  2. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  3. 2015年化学10大ニュース
  4. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  5. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  7. 住友化学歴史資料館
  8. ペリプラノン
  9. 香りの化学2
  10. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP