[スポンサーリンク]

C

チャップマン転位 Chapman Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。

基本文献

  • Mumm, O. et al. Ber. 1915, 48, 379.
  • Chapman, A, W. J. Chem. Soc. 1925, 127, 1992.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1927, 129, 174.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1929, 131, 569.
  • Schulenberg, J. W. et al. Org. React. 196514, 1.

 

反応機構

(参考:J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2 1983, 1369.)
chapman_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環およ…
  2. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  3. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  4. MSH試薬 MSH reagent
  5. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  6. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  7. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  8. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  2. 114番元素と116番元素が正式認可される
  3. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応
  4. 実験する時の服装(企業研究所)
  5. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー
  6. ビタミンB12 /vitamin B12
  7. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  8. Z-選択的オレフィンメタセシス
  9. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  10. ポリ塩化ビニルがセンター試験に出題されたので

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP