[スポンサーリンク]

C

チャップマン転位 Chapman Rearrangement

 

概要

O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。

基本文献

  • Mumm, O. et al. Ber. 1915, 48, 379.
  • Chapman, A, W. J. Chem. Soc. 1925, 127, 1992.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1927, 129, 174.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1929, 131, 569.
  • Schulenberg, J. W. et al. Org. React. 196514, 1.

 

反応機構

(参考:J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2 1983, 1369.)
chapman_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  2. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  3. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  4. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  6. ネフ反応 Nef Reaction
  7. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  8. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二酸化炭素をはきだして♪
  2. 真空ポンプ
  3. 米メルク、業績低迷長期化へ
  4. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  5. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  6. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  7. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  8. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  9. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜
  10. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP