[スポンサーリンク]

C

チャップマン転位 Chapman Rearrangement

 

概要

O-アリールイミノエーテルの転位による芳香族アミンの生成反応。

基本文献

  • Mumm, O. et al. Ber. 1915, 48, 379.
  • Chapman, A, W. J. Chem. Soc. 1925, 127, 1992.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1927, 129, 174.
  • Chapman, A. W. J. Chem. Soc. 1929, 131, 569.
  • Schulenberg, J. W. et al. Org. React. 196514, 1.

 

反応機構

(参考:J. Chem. Soc. Perkin Trans. 2 1983, 1369.)
chapman_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  2. アニオン重合 Anionic Polymerization
  3. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  4. TosMIC
  5. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  6. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  7. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  8. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  2. フラクタルな物質、見つかる
  3. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  4. 脱離反応 Elimination Reaction
  5. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  6. 秋の褒章2010-化学
  7. 君には電子のワルツが見えるかな
  8. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  9. 書物から学ぶ有機化学 2
  10. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP