[スポンサーリンク]


2012年 2月

  1. アズレンの蒼い旅路

    アズレンは、非ベンゼン系芳香族化合物の代表格のひとつにして、鮮やかな青色が特徴の物質です。教育・薬理・材料と大人気のアズレンですが、まだ届かない蒼い旅路のフロンティアには、たくさんの可能性が待っています。

  2. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

    さて、又少し時間が空いてしまいました。著名の研究者の生の声が聴けると人気上々であるこの研究者へのイン…

  3. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から

    「生態化学量論!?」……耳慣れない言葉だという方も、そうでない方も、いっしょにサイエンスの世界を探検しませんか。二酸化炭素が増えると、影響は温室効果だけにとどまらないようですよ。

  4. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Dimethylacetamide Dimethyl Acetal

    (さらに…)…

  5. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー

    皆さんは「プロセス化学」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?…

  6. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!

  7. 【書籍】10分間ミステリー

  8. 中学入試における化学を調べてみた

  9. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む

  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

  11. 書物から学ぶ有機化学4

  12. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~

  13. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トーンカーブをいじって画像加工を見破ろう
  2. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding
  3. 有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン
  4. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  5. 第63回野依フォーラム例会「データ駆動型化学が拓く新たな世界」特別配信
  6. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  7. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP