[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

書物から学ぶ有機化学4

 

だいぶ寒くなってまいりました。この時期は会社も大学もとても忙しい時期です。風邪などの病気にはくれぐれも気を付けてください。

さて、この「書物から学ぶ有機化学」はあまり好評ではありませんが、自己満足で4回目に突入です(笑)。過去の記事も読んで頂けたら嬉しいです。

「哲学」という学問について何か考えたことはありますか?

そもそも、哲学ってなんでしょう?

「てつがくのライオン」は、ふと哲学ってなんだっけなと立ち止まらせてくれる詩です。

 

「博士」の学位を取得した、あるいは取得しようと努力している方は世界中にいます。大学の学部生にとっては博士課程の研究者は雲の上の存在かもしれませんが、大学院に入るとたちまち研究室の教授から少しずつ博士課程への進学を勧められるようになります。そして、いつのまにかだまされてしまい博士課程に進むことになったという方も多いことでしょう。

さて、日本では単に「博士」と呼ぶことが多いですが、英語圏ではPh.Dと呼ばれ、Doctor(博士)の前にPh.がついています。このPh.はPhilosophy(哲学)です。つまり、博士課程に進むとただその分野について学ぶのみならず、「哲学」と向き合っていくことになるのです。

では、最初の質問に戻って、哲学ってなんでしょうか?「てつがくのライオン」に出てくる「ライオン」は、哲学についてぼんやりとしたイメージしか持っていない様子で、体裁を整えるところからスタートしています。

きょうライオンは「てつがくてき」になろうと思った

哲学というのは坐りかたから工夫した方がよいと思われるので、

尾をまるめて腹ばいに坐り、前肢を重ねてそろえた

哲学の定義は非常に難しいですが、大ざっぱに言えば、

とある主題につきまとう問題を明確化し、それについて探究する学問

ということだと思います。すなわち、Ph.Dたるものは、何かの装置を使いこなせるだとか複雑な現象のメカニズムを知っているだとかいうことももちろん重要ですが、それとは別に、何か本質的な問題と常に対峙していなければいけないと思うのです。

日本化学会の雑誌「化学と工業」1月号の巻頭言にて東京大学の中村栄一先生は以下のように書いています。

1960年代から80年代の化学者は、周期表という未踏の原野を駆け回り、宝の山を探し求める狩人だった。

(略)

多くの元素の性質が探求され尽くされつつある今、21世紀の科学を支える世界観には「元素の秘密の解明」を一歩越えた何かが必要である。その何か、を政策的に支えるのが元素戦略である。およそ「戦略」と呼ばれるものには必ず「哲学」が必要である。すなわち、「何故、国としてそれを行うのか」という理由付けが必要である。

一見すると非常に難解な文章ですが、読み進めていくとその意図するところが見えてきます。

紛争の大きな要因は、民族、宗教、そして資源である。自然科学者は第一、第二の問題の解決に直接寄与することはできないが、第三の課題において競い合い、紛争の解決に直接寄与することができる。そればかりか、国々の得手不得手を生かした世界協調の枠組みの構築に寄与することもできる。「研究者が力を結集して新しい社会を作ろう」、これが日本の「元素戦略」が世界に発するべきメッセージだ、と私は考えている。

この「元素戦略:歴史観・世界観に裏打ちされた科学研究」と題された巻頭言。きわめて視野広い「哲学観」を感じました。

「書物から学ぶ有機化学」と題しておきながら哲学的な話ばかりになってしまいましたが、最近感じたことをとりとめもなく書いてみました。次回はもう少し有機化学っぽいことを書いてみようと思います。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  2. 元素名を名字にお持ちの方〜
  3. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  4. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  5. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  6. 炭素をBNに置き換えると…
  7. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  8. 英会話とプログラミングの話

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  2. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  3. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  4. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  5. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  6. 博士課程学生の奨学金情報
  7. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る
  8. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  9. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  10. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP