[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

書物から学ぶ有機化学4

[スポンサーリンク]

 

だいぶ寒くなってまいりました。この時期は会社も大学もとても忙しい時期です。風邪などの病気にはくれぐれも気を付けてください。

さて、この「書物から学ぶ有機化学」はあまり好評ではありませんが、自己満足で4回目に突入です(笑)。過去の記事も読んで頂けたら嬉しいです。

「哲学」という学問について何か考えたことはありますか?

そもそも、哲学ってなんでしょう?

「てつがくのライオン」は、ふと哲学ってなんだっけなと立ち止まらせてくれる詩です。

 

「博士」の学位を取得した、あるいは取得しようと努力している方は世界中にいます。大学の学部生にとっては博士課程の研究者は雲の上の存在かもしれませんが、大学院に入るとたちまち研究室の教授から少しずつ博士課程への進学を勧められるようになります。そして、いつのまにかだまされてしまい博士課程に進むことになったという方も多いことでしょう。

さて、日本では単に「博士」と呼ぶことが多いですが、英語圏ではPh.Dと呼ばれ、Doctor(博士)の前にPh.がついています。このPh.はPhilosophy(哲学)です。つまり、博士課程に進むとただその分野について学ぶのみならず、「哲学」と向き合っていくことになるのです。

では、最初の質問に戻って、哲学ってなんでしょうか?「てつがくのライオン」に出てくる「ライオン」は、哲学についてぼんやりとしたイメージしか持っていない様子で、体裁を整えるところからスタートしています。

きょうライオンは「てつがくてき」になろうと思った

哲学というのは坐りかたから工夫した方がよいと思われるので、

尾をまるめて腹ばいに坐り、前肢を重ねてそろえた

哲学の定義は非常に難しいですが、大ざっぱに言えば、

とある主題につきまとう問題を明確化し、それについて探究する学問

ということだと思います。すなわち、Ph.Dたるものは、何かの装置を使いこなせるだとか複雑な現象のメカニズムを知っているだとかいうことももちろん重要ですが、それとは別に、何か本質的な問題と常に対峙していなければいけないと思うのです。

日本化学会の雑誌「化学と工業」1月号の巻頭言にて東京大学の中村栄一先生は以下のように書いています。

1960年代から80年代の化学者は、周期表という未踏の原野を駆け回り、宝の山を探し求める狩人だった。

(略)

多くの元素の性質が探求され尽くされつつある今、21世紀の科学を支える世界観には「元素の秘密の解明」を一歩越えた何かが必要である。その何か、を政策的に支えるのが元素戦略である。およそ「戦略」と呼ばれるものには必ず「哲学」が必要である。すなわち、「何故、国としてそれを行うのか」という理由付けが必要である。

一見すると非常に難解な文章ですが、読み進めていくとその意図するところが見えてきます。

紛争の大きな要因は、民族、宗教、そして資源である。自然科学者は第一、第二の問題の解決に直接寄与することはできないが、第三の課題において競い合い、紛争の解決に直接寄与することができる。そればかりか、国々の得手不得手を生かした世界協調の枠組みの構築に寄与することもできる。「研究者が力を結集して新しい社会を作ろう」、これが日本の「元素戦略」が世界に発するべきメッセージだ、と私は考えている。

この「元素戦略:歴史観・世界観に裏打ちされた科学研究」と題された巻頭言。きわめて視野広い「哲学観」を感じました。

「書物から学ぶ有機化学」と題しておきながら哲学的な話ばかりになってしまいましたが、最近感じたことをとりとめもなく書いてみました。次回はもう少し有機化学っぽいことを書いてみようと思います。

らぱ

らぱ

投稿者の記事一覧

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  2. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  3. 面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機
  4. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?
  5. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?
  6. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  8. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  2. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  3. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号
  4. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  5. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)
  6. メンデレーエフスカヤ駅
  7. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  8. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開
  9. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  10. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP