[スポンサーリンク]

一般的な話題

アズレンの蒼い旅路

 

アズレンは、炭素数10・水素数8の炭化水素であり、非ベンゼン系芳香族化合物の代表格のひとつにして、鮮やかな青色が特徴の物質です。アズレンとナフタレン構造異性体の関係にあることを思い出すと、なぜ色がつくのかなかなか考察し甲斐がありますが、それはさておき、このアズレン構造を持ったオモシロ化合物をいくつか紹介していきましょう。

大学の化学の教科書では、たいていヒュッケル則の話のあたりで、アズレンは顔合わせになるかと思います。アズレン誘導体は、薬草であったり、園芸ハーブであったり、ある種の植物エキスを蒸留することで得られます。キク科草本のカモミール(Matricaria recutita ) ・ハマビシ科木本のユソウボク(Guaiacum officinale )・イネ科草本のベチバー(Vetiveria zizanioides )などなど。これらの植物に含まれていた内生の化合物は、もっと水素原子がついて飽和した別の化合物だったのですけれども、人為的な加熱によって化学変化し、アズレンのような平面構造になるようです。

こうして得られるアズレン構造を持った化合物は、抗炎作用などの薬理活性があり、穏やかな効き目のため、古くから現代に至るまで、目薬・胃薬・喉薬などに使われてきました。このような 生理活性アズレンがネアンデルタール人の歯からも検出されたことから、薬草成分として2万年以上前から使われていたようです[4]。

GREEN0192.PNG

Google翻訳より / アズレンの語源

 

アズレン構造を持った内生の化合物はないのか、というと実はあって、ルリハツタケ(Lactarius indigo )の青色色素が該当します[5]。ルリハツタケは毒々しいほどに鮮やかなキノコですが、見た目と違って食べられます。傷みやすく足が早いものの、採りたてを食べると美味しいらしいです。

Lactarius_azulene

 

ルリハツタケ青色成分(出典:Wikipedia)

 

また、アズレン構造がいくつか連なった興味深い構造を持つ天然化合物が、つい最近、サンゴのなかまであるウミウチワ(Anthogorgia sp.)から単離されています。こちらは、フジツボの着生を抑制する生理活性があったとか[6]。

GREEN0194.PNG

他にも十数種類が単離 / 報告(2011.12)されたばかりなためFirst Synthesisはまだのはず

 

では、人工のアズレンで面白い物性を持ったものはないのかというと、さすが特異な構造をしたアズレンだけあって、盛んに研究されています。とくに、ポルフィリン[1]であるとか、フタロシアニン[3]であるとか、環状化合物と融合させたタイプのユニークな化合物がいくつも合成されています。単に共役系を伸ばしていくだけではなく、「もっとパイを!(More π, please!) [2]」という真摯な叫びに、分極して応えられる点が、アズレンを組み込む利点のひとつでしょう。光子電子の受け渡しを仲介する分子として、応用される日も近いかもしれません。アズレンを組み込む反応法も、同時にあいまって洗練されてきました。

2015-11-11_15-12-00

それぞれ論文[1],[2],[3]で合成

 

教育・薬理・材料と大人気のアズレンですが、まだ届かない蒼い旅路のフロンティアには、たくさんの可能性が待っていることでしょう。

 

参考論文

  1.  “A Quardruply Azulene-Fused Porphyrin with Intense Near-IR Absorption and a Large Two-Photon Absorption Cross Section” Kei Kurotobi et al. Angew. Chem. Int. Ed. 2006 DOI: 10.1002/anie.200600892
  2. “Tetraazuliporphyrin Tetracation” Natasza Sprutta et al. Angew. Chem. Int. Ed. 2009 DOI: 10.1002/anie.200900496
  3. “Azulenocyanine: A New Family of Phthalocyanines with Intense Near-IR Absorption” Atsuya Muranaka et al. J. Am. Chem. Soc. 2010 DOI: 10.1021/ja101818g
  4. “Neanderthal medics? Evidence for food, cooking, and medicinal plants entrapped in dental calculus” Karen Hardy et al. Naturwissenschaften 2012 DOI: 10.1007/s00114-012-0942-0
  5. “Preformed azulene pigments of Lactarius indigo” A. D. Harmon et al. Cell. Mol. Life Sci. 1980 DOI: 10.1007/BF02003967
  6. “Anthogorgienes A – O, New Guaiazulene-Derived Terpenoids from a Chinese Gorgonian Anthogorgia Species, and Their Antifouling and Antibiotic Activities” Dawei Chen et al. J. Agric. Food Chem. 2011 December DOI: 10.1021/jf2040862

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  2. もし新元素に命名することになったら
  3. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  4. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  5. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  6. 真理を追求する –2017年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨…
  7. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  8. どっちをつかう?:in spite ofとdespite

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  2. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  3. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  4. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  5. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  6. 文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」
  7. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  8. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  9. 住友化学歴史資料館
  10. グリニャール反応 Grignard Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP