[スポンサーリンク]


2012年 3月

  1. 化学の資格もってますか?

    タイトルには「化学の資格」と記載しましたが、医師や弁護士などと違い、化学者になるのに特に必要な国家資格はありません。とはいえ、世の中には種々の目的で設けられている化学系の資格があり、化学系企業で働いているとそれら…

  2. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門

    ・会社では教えてくれない「理系のための」プレゼンテーション講座!・分かりやす…

  3. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?

    お医者さんにいくと、X線を使って僕らは自分の体の中の情報を知ることができます。化学や物理の実…

  4. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

    (さらに…)…

  5. ホウ素から糖に手渡される宅配便

    単品では生理活性もない単純な構造の人工化合物に、医薬品として新たな応用の可能性が見え始めました。その秘訣は細胞表層の糖鎖にあり!?

  6. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!

  7. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1

  8. 小さなフッ素をどうつまむのか

  9. あなたの天秤、正確ですか?

  10. コランヌレン : Corannulene

  11. 3Mとはどんな会社?

  12. 掟破り酵素の仕組みを解く

  13. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII

  14. 東日本大震災から1年

  15. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride

  16. 「重曹でお掃除」の化学(その2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料開発を革新する」Alán Aspuru-Guzik教授
  2. 可視光全域を利用できるレドックス光増感剤
  3. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  4. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  5. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI
  6. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  7. 電化で実現する脱炭素化ソリューション 〜蒸留・焼成・ケミカルリサイクル〜

注目情報

最新記事

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP