[スポンサーリンク]

archives

トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

T2181.gif

ジアリールアルキンのルテニウム触媒による立体選択的な部分還元反応

LiとHuaは,トリルテニウムドデカカルボニル [Ru3(CO)12] 触媒を用いた立体選択的な部分還元反応によるジアリールアルキンから (Z)-および(E)-スチルベンの合成を報告しています。この反応では水素源としてDMF/水を用いています。添加剤として酢酸を用いると(Z)-体,トリフルオロ酢酸を用いると(E)-体がそれぞれ立体選択的に得られています。本法はcis-コンブレタスタチンA-4とtrans-レスベラトロールの類似体合成にも応用されています。

J. Li, R. Hua, Chem. Eur. J. 2011, 17, 8462.
 

関連記事

  1. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  2. 向山酸化剤
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  5. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  8. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  2. 蓄電池 Rechargeable Battery
  3. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  4. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  5. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  6. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  7. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  8. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  9. ワートン反応 Wharton Reaction
  10. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP