[スポンサーリンク]

archives

トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

T2181.gif

ジアリールアルキンのルテニウム触媒による立体選択的な部分還元反応

LiとHuaは,トリルテニウムドデカカルボニル [Ru3(CO)12] 触媒を用いた立体選択的な部分還元反応によるジアリールアルキンから (Z)-および(E)-スチルベンの合成を報告しています。この反応では水素源としてDMF/水を用いています。添加剤として酢酸を用いると(Z)-体,トリフルオロ酢酸を用いると(E)-体がそれぞれ立体選択的に得られています。本法はcis-コンブレタスタチンA-4とtrans-レスベラトロールの類似体合成にも応用されています。

J. Li, R. Hua, Chem. Eur. J. 2011, 17, 8462.
 

関連記事

  1. ケムステの記事を導出しています
  2. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  3. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  4. エノキサシン:Enoxacin
  5. セレノフェン : Selenophene
  6. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  7. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  8. Nsアミン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  2. オープンアクセスジャーナルの光と影
  3. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  4. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  5. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  6. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  7. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  8. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  9. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  10. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP