[スポンサーリンク]

archives

トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

[スポンサーリンク]

T2181.gif

ジアリールアルキンのルテニウム触媒による立体選択的な部分還元反応

LiとHuaは,トリルテニウムドデカカルボニル [Ru3(CO)12] 触媒を用いた立体選択的な部分還元反応によるジアリールアルキンから (Z)-および(E)-スチルベンの合成を報告しています。この反応では水素源としてDMF/水を用いています。添加剤として酢酸を用いると(Z)-体,トリフルオロ酢酸を用いると(E)-体がそれぞれ立体選択的に得られています。本法はcis-コンブレタスタチンA-4とtrans-レスベラトロールの類似体合成にも応用されています。

J. Li, R. Hua, Chem. Eur. J. 2011, 17, 8462.
 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  2. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  3. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  4. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  5. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  8. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明
  2. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  3. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  4. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳
  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  6. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  7. 有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン
  8. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  9. Nsアミン誘導体
  10. 環歪みを細胞取り込みに活かす

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP