[スポンサーリンク]

archives

トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

T2181.gif

ジアリールアルキンのルテニウム触媒による立体選択的な部分還元反応

LiとHuaは,トリルテニウムドデカカルボニル [Ru3(CO)12] 触媒を用いた立体選択的な部分還元反応によるジアリールアルキンから (Z)-および(E)-スチルベンの合成を報告しています。この反応では水素源としてDMF/水を用いています。添加剤として酢酸を用いると(Z)-体,トリフルオロ酢酸を用いると(E)-体がそれぞれ立体選択的に得られています。本法はcis-コンブレタスタチンA-4とtrans-レスベラトロールの類似体合成にも応用されています。

J. Li, R. Hua, Chem. Eur. J. 2011, 17, 8462.
 

関連記事

  1. スーパーブレンステッド酸
  2. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  3. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  4. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  5. イリジウム錯体:Iridium-complex
  6. 日本化学会と対談してきました
  7. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  8. ペンタフルオロスルファニル化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  2. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  3. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  4. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  5. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  6. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  7. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  8. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  9. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  10. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP