[スポンサーリンク]

archives

トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

T2181.gif

ジアリールアルキンのルテニウム触媒による立体選択的な部分還元反応

LiとHuaは,トリルテニウムドデカカルボニル [Ru3(CO)12] 触媒を用いた立体選択的な部分還元反応によるジアリールアルキンから (Z)-および(E)-スチルベンの合成を報告しています。この反応では水素源としてDMF/水を用いています。添加剤として酢酸を用いると(Z)-体,トリフルオロ酢酸を用いると(E)-体がそれぞれ立体選択的に得られています。本法はcis-コンブレタスタチンA-4とtrans-レスベラトロールの類似体合成にも応用されています。

J. Li, R. Hua, Chem. Eur. J. 2011, 17, 8462.
 

関連記事

  1. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  2. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  3. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  4. スマホページをリニューアルしました
  5. チアゾリジンチオン
  6. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  7. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  8. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを軽減と発表
  2. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition
  3. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement
  4. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  5. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  6. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  7. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  8. 第35回安全工学シンポジウム
  9. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  10. 元素も分析する電子顕微鏡

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP