[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe

ジョアン・スタビー (JoAnne Stubbe、1946年6月11日-)は、アメリカの有機化学者、生化学者である。米マサチューセッツ工科大学教授(写真:MIT Chemistry)。

経歴

19xx ペンシルバニア大学 学士号取得
1961 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1971 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員
1972 ウィリアムスカレッジ 助教授
1977 イェール大学 助教授
1980 ウィスコンシン大学 助教授
1987 マサチューセッツ工科大学 教授

 

受賞歴

1993 Arthur C. Cope Scholar Award
1996 Richards Medal from northeastern section of ACS
1997 F.A. Cotton Medal
1997 Alfred Bader Award in Bioinorganic or Bioorganic Chemistry of the American Chemical Society
1998 F.A. Cotton Medal for Excellence in Chemical Research of the American Chemical Society
2004 Repligen Award
2005 John Scott Award
2009 National Medal of Science
2009 ACS Nakanishi Prize
2010 ベンジャミンフランクリンメダル
2010 ウェルチ化学賞
2010 Murray Goodman Memorial Prize
2014 Penn Chemistry Distinguished Alumni Award
2015 American Chemical Society Remsen Award

 

研究概要

リボヌクレオチドリダクターゼの機構解析研究
酵素相互作用・駆動機構に関する分光学的研究

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連論文

  • Y. Jia, W. Yuan, J. Wodzinska, C. Park, A. J. Sinskey, and J. Stubbe, Biochemistry, 40, 1011-1019 (2001).
  • T. J. Kappock, S. E. Ealick, and J. Stubbe, Curr. Op. Chem. Biol., 4, 567-572 (2000).

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  2. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpen…
  4. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  5. チン・リン Qing Lin
  6. 入江 正浩 Masahiro Irie
  7. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  8. 熊田 誠 Makoto Kumada

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  2. 角田試薬
  3. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  4. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  6. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授
  7. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  8. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  9. ヘリウム不足再び?
  10. ワッカー酸化 Wacker oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP