[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe

ジョアン・スタビー (JoAnne Stubbe、1946年6月11日-)は、アメリカの有機化学者、生化学者である。米マサチューセッツ工科大学教授(写真:MIT Chemistry)。

経歴

19xx ペンシルバニア大学 学士号取得
1961 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1971 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員
1972 ウィリアムスカレッジ 助教授
1977 イェール大学 助教授
1980 ウィスコンシン大学 助教授
1987 マサチューセッツ工科大学 教授

 

受賞歴

1993 Arthur C. Cope Scholar Award
1996 Richards Medal from northeastern section of ACS
1997 F.A. Cotton Medal
1997 Alfred Bader Award in Bioinorganic or Bioorganic Chemistry of the American Chemical Society
1998 F.A. Cotton Medal for Excellence in Chemical Research of the American Chemical Society
2004 Repligen Award
2005 John Scott Award
2009 National Medal of Science
2009 ACS Nakanishi Prize
2010 ベンジャミンフランクリンメダル
2010 ウェルチ化学賞
2010 Murray Goodman Memorial Prize
2014 Penn Chemistry Distinguished Alumni Award
2015 American Chemical Society Remsen Award

 

研究概要

リボヌクレオチドリダクターゼの機構解析研究
酵素相互作用・駆動機構に関する分光学的研究

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連論文

  • Y. Jia, W. Yuan, J. Wodzinska, C. Park, A. J. Sinskey, and J. Stubbe, Biochemistry, 40, 1011-1019 (2001).
  • T. J. Kappock, S. E. Ealick, and J. Stubbe, Curr. Op. Chem. Biol., 4, 567-572 (2000).

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 福山透 Tohru Fukuyama
  2. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  3. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  4. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  5. ジョン・フェン John B. Fenn
  6. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  7. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald…
  8. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞明日発表
  2. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  3. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  4. テトラセノマイシン類の全合成
  5. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  6. 大阪大入試:昨年の化学も「設定に誤り」と外部から指摘
  7. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  8. 合成生物学を疾病治療に応用する
  9. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  10. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP