[スポンサーリンク]

archives

コランヌレン : Corannulene

C2572.gif

[5,5]カーボンナノチューブ合成への応用

コランヌレンはお椀型の特異な構造を持つ多環状芳香族化合物の一種です。Scottらはコランヌレンを出発物質として用い,気相熱分解法(FVP)によるポリアレーン化合物の合成を報告しています。このポリアレーン化合物はエンドキャップされた[5,5]カーボンナノチューブに相当するため,このポリアレーン化合物をテンプレートとしてチューブを伸長させることにより,[5,5]カーボンナノチューブの化学合成が可能になるものと期待されています。

L. T. Scott, E. A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, B. Li, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 107.

関連記事

  1. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. シランカップリング剤入門【終了】
  5. 田辺シリル剤
  6. サーバーを移転しました
  7. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 世界初の有機蓄光
  2. 森田浩介 Kosuke Morita
  3. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  4. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  5. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  6. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  7. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  8. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  9. サリドマイドを監視
  10. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP