[スポンサーリンク]

archives

コランヌレン : Corannulene

C2572.gif

[5,5]カーボンナノチューブ合成への応用

コランヌレンはお椀型の特異な構造を持つ多環状芳香族化合物の一種です。Scottらはコランヌレンを出発物質として用い,気相熱分解法(FVP)によるポリアレーン化合物の合成を報告しています。このポリアレーン化合物はエンドキャップされた[5,5]カーボンナノチューブに相当するため,このポリアレーン化合物をテンプレートとしてチューブを伸長させることにより,[5,5]カーボンナノチューブの化学合成が可能になるものと期待されています。

L. T. Scott, E. A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, B. Li, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 107.

関連記事

  1. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  2. Nsアミン誘導体
  3. エノキサシン:Enoxacin
  4. iphone用サイトを作成
  5. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  6. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  7. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  8. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】理系のための口頭発表術
  2. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  3. レーン 超分子化学
  4. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  7. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  8. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  9. 【PR】Twitter、はじめました
  10. クラーク・スティル W. Clark Still

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光反応性ジアリジンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP