[スポンサーリンク]

archives

コランヌレン : Corannulene

C2572.gif

[5,5]カーボンナノチューブ合成への応用

コランヌレンはお椀型の特異な構造を持つ多環状芳香族化合物の一種です。Scottらはコランヌレンを出発物質として用い,気相熱分解法(FVP)によるポリアレーン化合物の合成を報告しています。このポリアレーン化合物はエンドキャップされた[5,5]カーボンナノチューブに相当するため,このポリアレーン化合物をテンプレートとしてチューブを伸長させることにより,[5,5]カーボンナノチューブの化学合成が可能になるものと期待されています。

L. T. Scott, E. A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, B. Li, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 107.

関連記事

  1. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  2. GlycoProfile アジド糖
  3. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  4. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  5. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  6. シランカップリング剤入門【終了】
  7. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…
  8. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子を”見る” その2
  2. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  3. アルケンのE/Zをわける
  4. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応
  5. 2015年ケムステ人気記事ランキング
  6. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  7. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  8. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement
  9. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  10. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP