[スポンサーリンク]

archives

コランヌレン : Corannulene

C2572.gif

[5,5]カーボンナノチューブ合成への応用

コランヌレンはお椀型の特異な構造を持つ多環状芳香族化合物の一種です。Scottらはコランヌレンを出発物質として用い,気相熱分解法(FVP)によるポリアレーン化合物の合成を報告しています。このポリアレーン化合物はエンドキャップされた[5,5]カーボンナノチューブに相当するため,このポリアレーン化合物をテンプレートとしてチューブを伸長させることにより,[5,5]カーボンナノチューブの化学合成が可能になるものと期待されています。

L. T. Scott, E. A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, B. Li, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 107.

関連記事

  1. 不斉配位子
  2. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  3. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  4. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. GlycoProfile アジド糖
  7. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  8. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  3. トリメチルアルミニウム trimethylalminum
  4. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  5. 化学でもフェルミ推定
  6. ピラーアレーン
  7. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  8. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  9. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)
  10. オープンアクセス論文が半数突破か

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP