[スポンサーリンク]

archives

コランヌレン : Corannulene

C2572.gif

[5,5]カーボンナノチューブ合成への応用

コランヌレンはお椀型の特異な構造を持つ多環状芳香族化合物の一種です。Scottらはコランヌレンを出発物質として用い,気相熱分解法(FVP)によるポリアレーン化合物の合成を報告しています。このポリアレーン化合物はエンドキャップされた[5,5]カーボンナノチューブに相当するため,このポリアレーン化合物をテンプレートとしてチューブを伸長させることにより,[5,5]カーボンナノチューブの化学合成が可能になるものと期待されています。

L. T. Scott, E. A. Jackson, Q. Zhang, B. D. Steinberg, M. Bancu, B. Li, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 107.

関連記事

  1. 進化する カップリング反応と 応用展開
  2. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  3. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. トップデザイン変更
  6. ケムステ国際版・中国語版始動!
  7. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…
  8. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nature Reviews Chemistry創刊!
  2. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  4. 道修町ミュージアムストリート
  5. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  6. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  7. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  8. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成
  9. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子
  10. 完熟バナナはブラックライトで青く光る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP