[スポンサーリンク]


2013年 12月

  1. 2013年ケムステ人気記事ランキング

    あと数時間で2013年も終わり。新年を迎えようとしています。あなたの2013年はどうであったでしょうか。個人的には研究場所も移動して新しいことを始めた1年でした。ちょうど名古屋で働き始めて5年が経過し、そろそろ心…

  2. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai

    シェリル・サイ(Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai、19xx年xx月xx日-)カリフ…

  3. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに&…

  4. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck

    クリスチャン・ハートウィッグ(Christian Hertweck, 1969年10月1日-)…

  5. イー・タン Yi Tang

    イー・タン(Yi Tang、19xx年xx月xx日-)アメリカの天然物化学者。カ…

  6. フタロシアニン phthalocyanine

  7. オープンアクセスジャーナルの光と影

  8. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ

  9. 「石油化学」の新ネーミング募集!

  10. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?

  11. ケージド化合物 caged compound

  12. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ

  13. シューミン・リー Shu-Ming Li

  14. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!

  15. 祝100周年!ー同位体ー

  16. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  2. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  3. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  4. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る
  5. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編
  6. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP