[スポンサーリンク]

archives

ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成

[スポンサーリンク]

 

塩酸チアミン水和物(=VB1)はビタミンB1塩酸塩とも呼ばれていますが,シアン化物イオンと同じような働きにより,ベンゾイン縮合に対して触媒作用を示すことが知られています。近年,ぎ酸とアミン類に2mol%のVB1を加え,80℃に加温することで速やかにN-ホルミン化が進行します。基質適応性も高く芳香族アミン,脂肪族アミン,C-保護アミノ酸を相当するぎ酸アミド誘導体に変換します。従来法では高い温度条件あるいは高価な縮合剤や金属塩を用いる必要があることから,本手法は安全かつ簡便なN-ホルミン化法といえます。

“A convenient one-pot synthesis of formamide derivatives using thamine hydrochloride as novel catalyst”
M. Lei, L. Ma, L. Hu, Tetrahedron Lett. 2010, 51, 4186. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.06.005

1-s2.0-S0040403910009871-fx1

Formamide derivatives have been synthesized in excellent yields from amine and formic acid in the presence of a catalytic amount of thiamine hydrochloride (VB1) at 80 °C. The advantages of this method are the use of a cheap, stable, non-toxic, and readily available catalyst, easy work-up, improved yields, and solvent-free conditions.

ビタミンB1塩酸塩を用いる有機合成反応では,ベンゾイン縮合が広く知られています。この方法は,シアン化物イオンを用いない縮合法として有用です。関連コラムも合わせて参照ください。
ビタミンB1を用いる有機合成反応

関連記事

  1. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  2. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  3. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  4. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  5. C60MC12
  6. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  7. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. アメリカの大学院で受ける授業
  6. 海外学会出張でeSIMを使ってみました
  7. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  8. 文化勲章・受章化学者一覧
  9. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  10. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP