[スポンサーリンク]


2015年 7月

  1. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究

    近年、遷移金属触媒を用いたsp3炭素のクロスカップリング反応が急速に進展し、注目を集めていますを報告しています。この反応では、Ir photoredox触媒とアルキルトリフルオロボラート塩を用いることでアルキルラジカルが…

  2. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞

     文部科学省は29日、世界の高校生が参加してアゼルバイジャンで開かれた「国際化学オリンピック」で、日…

  3. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants

    研究者にとって、研究費の獲得は自分の研究を継続するために大変重要なお仕事です。大…

  4. 環歪みを細胞取り込みに活かす

    創薬研究やバイオプローブの開発において、しばしば問題になるのが分子の膜透過性。特にオリゴヌクレオチド…

  5. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1

    Tshozoです。少し気になりましたので、炭素繊維のことを書こうと思います。なお記事タイトルの結論は…

  6. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015

  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』

  8. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  9. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

  10. MSH試薬 MSH reagent

  11. 光電変換機能を有するナノシートの合成

  12. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation

  13. CAS番号の登録が1億個突破!

  14. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis

  15. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

  16. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. IGZO
  2. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  3. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  4. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  5. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授
  6. 蒲郡市生命の海科学館で化学しようよ
  7. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III

注目情報

最新記事

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

PAGE TOP