[スポンサーリンク]

H

ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation

概要

フタリドアニオンとα,β-不飽和カルボニル化合物から、マイケル反応ディークマン縮合の連続過程を経てナフタレンヒドロキノンを合成する反応。ポリケチド系化合物の合成に汎用される手法である。

ベンジル位にスルホンを置換した基質で行うとHauser環化、シアニドを置換した基質で行うとKraus環化となる。後者のほうが立体障害が小さいため、収率が良くなる傾向がある。

フタリドの代わりにo-メチル安息香酸エステルを用いる場合はStaunton-Weireb環化と呼ぶ。こちらは酸化度の低いナフトール生成物が得られる。

基本文献

<review>

反応機構

Hauser_Kraus_2

反応例

ホモフタリドを用いる反応[1]

Hauser_Kraus_3

5環性テトラサイクリン誘導体の全合成[2]

Hauser_Kraus_4

参考文献

  1. Tamura, Y.; Sasho, M.; Nakagawa, K.; Tsugoshi, T.; Kita, Y. J. Org. Chem. 1984, 49, 473. DOI: 10.1021/jo00177a017
  2. Charest, M. G.; Lerner, C. D.; Brubaker, J. D.; Siegel, D.; Myers, A. G. Science 2005, 308, 395. DOI:10.1126/science.1109755

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  2. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  3. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthes…
  4. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  5. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  6. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  7. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  8. ビギネリ反応 Biginelli Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  2. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  3. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  4. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  5. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte
  6. 小さなフッ素をどうつまむのか
  7. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  8. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  9. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  10. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP