[スポンサーリンク]

会告

元素川柳コンテスト募集中!

[スポンサーリンク]

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年が明けると博論・修論・卒論とあわやしているあいだに圧倒いうまに年度末になります。年度末と言えば化学を学ぶ方ならお馴染み日本化学会年会

化学会も毎年、謎の特別企画で盛り上げようと試みています。前回の元素ネイルは大変好評だったそうで、今年もあるかもしれないですね。

さて、今回の企画はタイトルどおり「元素川柳コンテスト」!

第98春季年会実行委員会が、参加者の皆様に「元素という切り口から、化学により親しみを感じていただきたい」との思いで企画を立てたそうです。

うちの研究室でも応募しようと思って黙っておきたかったんですが苦笑。実は私、化学会の講演小委員会(市民化学講座や申込のあった特別企画を選定する係)メンバーでもあるので、盛り上げるために紹介します。

元素川柳コンテストとは?

ざっくりとした流れは以下の通り。

  1. 元素に関する川柳を投稿する
  2. 化学会年会の中で掲載される
  3. 優秀作品が選定と同時に1部作品には参加者が投票
  4. 優秀作品と、投票の結果の人気作品には表彰状と記念品が!

こんな流れです。元素川柳専用ウェブサイトに記載してある事例はこちら。

【Cl】塩素かな? 投稿求む ケムレット
【I】 愛あれば 薬なくても 風邪治る
【S】 お隣の ラボから異臭 文句いおう

その題材に関連する元素を1つ選ぶそうです。投票後、入選者には表彰状・日本化学会謹製タンブラーを贈呈するとのこと。最優秀賞(1名)・優秀賞(若干名)・人気賞(1名)です。

ということは人気賞以外は年会の際には既に選ばれてるってことですね。発表は第98春季年会 付設展示会場だそうです。

あれこれ考えずに、まずは参加してみてはいかがでしょうか。

締切は 2018年1月26日(金)まで!

元素川柳コンテスト詳細と投稿フォームはこちら

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  2. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル
  3. 共役はなぜ起こる?
  4. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  5. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  6. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~
  7. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  8. 私がケムステスタッフになったワケ(1)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2014年ケムステ記事ランキング
  2. ケミストリー通り
  3. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  4. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis
  5. 有機合成化学協会誌2020年10月号:ハロゲンダンス・Cpルテニウム–Brønsted酸協働触媒・重水素化鎖状テルペン・エラスティック結晶・複核ホウ素ヘテロ環
  6. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 番外編 ~NEDOの成果について~
  7. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成
  8. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  9. 世界の中心で成果を叫んだもの
  10. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP