[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Skype英会話の勧め

[スポンサーリンク]

 

 英会話を勉強する方法と言えば、留学するか英会話学校に通う方法がメジャーだと思いますが、留学はまとまった時間とお金がかかり仕事をしている人にとっては現実的ではありません。英会話学校の場合、手軽ではありますがそれなりの授業料を払うしかありません。そこで、手軽に安価で英会話を勉強できるSkype英会話を紹介します。

 

  • 自分の英語スペック

 私は、正直英語が得意ではありません。具体的に

  1.  AO試験で大学に入学したため高校時代に英語の受験勉強をあまりしなかった
  2.  大学の英語のクラスは中の下で、成績は微妙
  3.  大学院入試でTOEFLを受けたが、あまりにひどくて面接で突っ込まれた
  4.  当然TOEICスコアはなし英検は中学で受けた三級だけ

 とまあこんな感じです。もちろん、化学系の院生なので適当に論文を読むことぐらいはできます。このように英語ができない人であることが分かっていただけたでしょうか。ついでになぜ英会話を勉強し始めたかというと、必要になったからです。

  • Skype英会話とは

 文字通り、インターネット電話であるSkypeを使って英会話の授業を受けるサービスです。特徴は、インターネット環境があればどこでもでき、安価だということです。Skype英会話のサービスは現在いろいろな会社がはじめているホットなビジネスですが、どこも月約五千円で毎日25分くらいの授業を受けることができます。なぜこんなに安価で英会話の授業が受けられるかというと、フィリピン人が講師で現地からサービスを提供しているからです。フィリピンと言えばフィリピンパブですが、実は多くの国民が英語を使うことができ英語をしゃべれないとマックの店員にもなれません。その一方、発展途上なので物価が安く、人件費を抑え安価で英会話のサービスを提供できているようです。

フィリピンの国旗

  • 授業の仕組み

 以降、使った感触を紹介します。現在色々なサービスがありますが、私はLangrichというサービスを使いました。

 最初に希望の時間と講師を選んで、予約します。講師は、20代女性が多く、美人さんもたくさんいます。しかし、顔面で選んでいるわけではなくちゃんと英語力で選抜しているようです。そのため、美人さんでもしっかりと教えてくれます。

 授業時間になると先生側からコールがありどんな授業をするか聞かれます。大まかにいうと、1.テキストを使った基礎的な会話 2.発音練習 3.ニュースレッスン 4.フリートーキング これ以外にも生徒の要求に答えてくれます。例えば、英語のスピーチやレターのチェックもしてくれるます。私の場合は、テキストで基礎的なスピーキングを勉強した後、発音を勉強し現在はニュースレッスンを中心に勉強しています。ニュースレッスンにはいろいろなやり方がありますが、私の場合は、ニュースを読んだ後、その内容についてディスカッションするという感じです。

 そして25分が経つとさようならという感じです。講師は毎回変えることができ、いろいろな講師を試す人もいればずっと同じ講師を指名し続ける人もいます。私のインターネット環境はJCOMの1Mでしたが、ストレスなく使えました。講師の先生は会社から授業を行っているので、接続が途切れることはほとんどありません。ただやはり、日本とインターネットの状況が異なるため途切れることはたまにあります。

授業で使っているヘッドセット。最近はノートパソコンにカメラが付いているのでヘッドセット(1000円以下)さえ買えば始められます。

  • やってみた実感

 最初は全然ダメでした。何を言うにもどう話せばいいかわからず、単語もわからず、一生懸命調べて話すという感じでした。しかし、日が経つうちにこの場合にはこういう風に言えばいいのだということが先生のスピーキングから分かり、自分もこの構文を真似てみようという感じでしゃべれるようになっていきました。ただ、スピーキング力は語彙力と文法力の上に成り立つものなので、ただ漠然と授業を受けていても英語は上達しません。ですから25分以上の単語の暗記や文法の理解などの自習を行うべきです

 基本的に先生方は文系か看護師さんなので化学はわかりません。むしろ多くの先生が嫌いだと答えられました。そのため、高い英語力をすでに持ち学会での議論などの練習をしたい方にはおすすめできません。しかし、ある程度の会話能力はつけることはできると思います。またニュースレッスンは、英語教材として有名なVOATEDを使います。その中に化学系のニュースもかなり存在するのでその内容を講師にわかりやすく説明したりとわからないことはわからなりにトレーニングになります。この方法の良いところは何より相手がいる勉強なのでモチベーションの維持につながることです。明日はこんなことを言えるといいなとかこんな議論ができるといいなとか考えらながら自習と授業を続けました。

  • Philippines留学へ

 ここまでは、Skypeでの英会話について書いてきましたが、筆者はそれだけでは飽き足らず、一か月間Philippinesに留学してきました。次回はそれをご紹介します。

  • 関連サイト

Skype英会話比較サイト 殆どのサービスには無料体験サービスがあるので自分でいろいろ試してみてもいいと思います。

Langrich 筆者が使っているサービスです。

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウ…
  2. 中国へ講演旅行へいってきました②
  3. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  4. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞201…
  5. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞…
  6. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  7. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  8. ImageJがWebブラウザ上で利用可能に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  2. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  4. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  5. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発
  6. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  7. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも
  8. 生物学的等価体 Bioisostere
  9. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis(tri-tert-butylphosphine)palladium(0)
  10. 第42回「激動の時代を研究者として生きる」荘司長三教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP