[スポンサーリンク]

A

アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アセト酢酸エステルもしくはマロン酸エステルの活性メチレンは、弱めの塩基で容易に脱プロトン化を受ける。これを利用してアルキル化を行った後に脱炭酸すれば、前者からは置換ケトン、後者からは置換エステルを得ることができる。

 

基本文献

  • Hauser, H. O.; Hudson, B. E., Jr. Org. React. 19421, 266.

 

反応機構

acid-a3.gif

 

反応例

脱炭酸時に酸/塩基条件下に伏したくないときはメチルエステルを用いたKrapcho法が頻用される。
krapcho_1.gif

辻-Trost反応やMichael反応条件が化学選択的アルキル化においては頻用される。

β-ケトカルボニル化合物に対して強塩基を2当量以上用いると、通常とは異なる位置をアルキル化することが可能。このジアニオンは大変高い求核能をもち、混み合った反応性が低い位置でもアルキル化が起こせる。

malonate_3.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

関連記事

  1. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reacito…
  2. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  3. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  4. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  5. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …
  6. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  7. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  8. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スナップ試薬 SnAP Reagent
  2. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  5. ダフ反応 Duff Reaction
  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  7. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  8. 危険物データベース:第2類(可燃性固体)
  9. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版
  10. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP