[スポンサーリンク]


2018年 2月

  1. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

    かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウェブベースの情報発信に熱心になりつつあるということですが、その方針を強力に推し進める施策の一環として、このたび有機合成化学協会のホームページ…

  2. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

  3. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  4. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充

    6日、テイジンはEV他を背景とするバッテリー需要に対応するため、松山事業所の生産設備の増強し微多孔膜…

  5. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

    1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE に参加してきました。高専…

  6. 金城 玲 Rei Kinjo

  7. 磁力で生体触媒反応を制御する

  8. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬

  9. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位

  10. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー

  11. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム

  12. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング

  13. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング

  14. メタンガスと空気からメタノールを合成する

  15. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

  16. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  2. ボンビコール /bombykol
  3. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  4. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発
  5. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  6. ケミカル・アリに死刑判決
  7. フラックス結晶育成法入門

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP