[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

[スポンサーリンク]

スタンフォード大学のCarolyn R. Bertozzi教授らは、抗体を高感度で検出する手法(Agglutination-PCR; 凝集PCR法)を開発し、唾液中にごく微量しか存在しないHIV抗体を高感度で検出することに成功しました。

“Antibody detection by agglutination–PCR (ADAP) enables early diagnosis of HIV infection by oral fluid analysis”

Tsai, C. T.; Robinson, P. V.; Cortez, F. J.; Elma, M. L. B.; Seftel, D.; Pourmandi, N.; Pandori, M. W.; Bertozzi, C. R. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 2018. DOI: 10.1073/pnas.1711004115

1. HIVとは?

(出典:アメリカ合衆国保健福祉省 AIDSinfoより。)

HIV(human immunodeficiency virusは、ヒトの免疫細胞に感染するウイルスです。HIVによる免疫系の破壊が進むと、普段は感染しない病原体への抵抗力がなくなり、さまざまな病気を発症してしまうエイズとよばれる状態になります。現在では治療薬の開発が進められ、昔のように「エイズ=死に至る病気」というわけではなくなってきていますが、潜伏期間が5〜10年と長いため、感染しているのに気づかず他人にうつしてしまうリスクがとても高いです。

では、HIV感染の有無をどうやって調べるかというと、現在の主流は血液検査です。HIVに感染すると、体の中で抗体が作られるため、血液サンプルに含まれるHIV抗体の量を調べることで、HIVに感染しているかどうかがわかります。ただ、一般人にとって、血液検査は皮膚パッチテストや唾液検査よりもハードルが高く、気軽に検査ができません。またアフリカ地域では、エイズは今でも主要な死亡原因の一つですが、衛生管理の行き届いていない環境では注射器を用いた血液検査はリスクを伴います。

もし、唾液中に含まれるHIV抗体を検出することができれば、もっと安全で簡便なHIV検査が可能になります。ただ、唾液中にはHIV抗体がごく微量しか存在しないので、酵素免疫測定(EIA)のような従来の手法では検出することが困難です。

そこで、Bertozzi教授らは、抗体の凝集反応とPCRによるDNAの増幅を組み合わせたAgglutination–PCR(凝集PCR[1] という手法を開発し、唾液中にわずかに存在するHIV抗体の検出を行いました。

2. Agglutination–PCR法の仕組み

測定手順は以下の通りです。(図1b, c)

  1. 抗原となるHIVタンパクに一本鎖DNAを結合させた抗原-DNA接合体を用意する(図1b)。
  2. 抗体量を測定したいサンプルと混ぜる。→ 抗原と抗体が反応。
  3. 架橋DNAとDNAリガーゼを添加する。→ 一つなぎのDNAができる。
  4. プライマーとDNAポリメラーゼを添加する。→ DNAの増幅
  5. 定量PCR法により、増幅されたDNAの量を測定。

図1. Agglutination–PCR法の仕組み。

この手法では、5’側と3’側の半分に分けられたDNA(図1b)が、架橋DNAとDNAリガーゼの働きによって修復されることで、増幅可能なフルサイズのDNAが形成されるようになっています。片側のDNAだけでは、プライマーの結合部位が片側しか存在しないため、DNAは増幅されません。測定サンプル中に存在する抗体の助けによって抗原-DNA接合体同士が架橋され、フルサイズのDNAが形成されることによってのみ、PCRでのDNA増幅が可能になります。

3. 臨床サンプルのHIV抗体測定

まず、精製済みのHIV抗体を様々な濃度に希釈し、測定を行ったところ、各種HIVタンパク(p24, gp41, gp160)に対する抗体を、それぞれ110, 880, 550 zeptomol (10-21モル)の感度で検出できることが確認されました。

そこで、彼女らは実際の唾液サンプルを用いてHIV抗体測定を行いました。図2は、各種のHIVタンパク(p24, gp41, gp120, gp160)を抗原として用いた場合の定量PCR(qPCR)の結果を示しています。qPCRにおいて、Ct値はDNAが一定の増幅量に達するのにかかったサイクル数を意味します。ここでのy軸は、ブランクと測定サンプルとのCtの差(ΔCt)を示しており、値が大きいほどHIV抗体の検出量が多いことになります。グラフから分かるように、いずれのHIVタンパクを用いた場合にも、HIV陽性・陰性のサンプルにはっきりとした違いが見られています(P < 0.05)。

図2. Agglutination–PCR による臨床サンプルのHIV抗体測定。白丸・黒丸はそれぞれEIA法によるHIV陽性・陰性のサンプルを示している。(論文より)

また、既存の手法(EIA法)でHIV陽性・陰性の判断が可能なサンプルだけでなく、従来の唾液検査では感染の有無が分からないサンプルについても、Agglutination–PCRによる測定を行いました。ここで用いられたサンプルは、EIA法による唾液検査で高めの値を示しつつも陽性の基準に達しなかったもので、HIV感染初期の抗体がまだ少ない段階である可能性があります。

Agglutination–PCR法で8サンプルを測定したところ、6サンプルが陽性と判断されました。さらに、そのうち血液サンプルが入手可能であった1つについて血中抗体測定を行うと、Agglutination–PCR法と同じようにHIV陽性という結果が出ました。このことから、彼女らの手法は従来の唾液検査では診断が難しい初期のHIV感染も検知できる可能性があると考えられます。

4. おわりに

今回紹介したAgglutination–PCR法では、たった1 µLのサンプルからzepto(10-21)〜atto(10-18)モルの抗体を検出することができます。抗体測定は、HIV感染だけでなく1型糖尿病や甲状腺ガンの診断においても重要なので、今後広く応用が進められることが期待されます。

関連リンク

参考文献

  1. Tsai, C.-t.; Robinson, P. V.; Spencer, C. A.; Bertozzi, C. R. ACS Cent. Sci. 2016, 2, 139.  DOI: 10.1021/acscentsci.5b00340

関連書籍

kanako

kanako

投稿者の記事一覧

大学院生。化学科、ケミカルバイオロジー専攻。趣味はスポーツで、アルティメットフリスビーにはまり中。

関連記事

  1. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・…
  2. ボールミルを用いた、溶媒を使わないペースト状 Grignard …
  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング…
  4. 有機合成化学協会誌2020年10月号:ハロゲンダンス・Cpルテニ…
  5. 第四回ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」…
  6. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  7. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  8. 学術オンラインコンテンツ紹介(Sigma-Aldrichバージョ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~
  2. 「自分の意見を言える人」がしている3つのこと
  3. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  4. 科学警察研究所
  5. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  6. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開
  7. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  8. アミンの新合成法2
  9. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  10. ノーベル化学賞まとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP