[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

    (さらに…)…

  2. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

    (さらに…)…

  3. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

    (さらに…)…

  4. ジボラン(diborane)

    ●CAS19287-45-7 (さらに…)…

  5. ペンタフルオロスルファニル化合物

    (さらに…)…

  6. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

  7. 環境ストレスに応答する植物ホルモン

  8. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

  9. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole

  10. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate

  11. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

  12. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol

  13. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

  14. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate

  15. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol

  16. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授
  2. ヘキサメチレンテトラミン
  3. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  4. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  5. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】
  6. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  7. 2007年度イグノーベル賞決定

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP