[スポンサーリンク]

archives

1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole

T2624.gif

アリル位トリフルオロメチル化反応

1-トリフルオロメチル-1,2-ベンゾヨードキソール-3(1H)-オン (Togni試薬II)はTogniらによって開発された求電子的トリフルオロメチル化試薬で,1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール (Togni試薬)と同様に,種々の基質にトリフルオロメチル基を導入することができます。特にTogni試薬IIをオレフィン類との反応に用いた場合には,アリル位にトリフルオロメチル基が導入された化合物を与えることが報告されています。

P. Eisenberger, S. Gischig, A. Togni, Chem.Eur. J. 2006, 12, 2579; X. Wang, Y. Ye, S. Zhang, J. Feng, Y. Xu, Y. Zhang, J. Wang, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 16410.

関連記事

  1. ピセン:Picene
  2. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  3. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  4. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…
  5. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  6. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  7. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  8. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子びっくり箱
  2. 電子ノートか紙のノートか
  3. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  4. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  5. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  6. アブノーマルNHC
  7. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  8. クリックケミストリー / Click chemistry
  9. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  10. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP