[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

関連記事

  1. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  2. 角田試薬
  3. 安全なジアゾメタン原料
  4. Gabriel試薬類縁体
  5. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  6. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  7. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  8. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  2. 日本化学会と対談してきました
  3. 化学パズル・不斉窒素化合物
  4. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  5. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  6. 液体キセノン検出器
  7. 世界初の有機蓄光
  8. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  9. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  10. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP