[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

関連記事

  1. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  2. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  4. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  5. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  6. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  7. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  8. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  2. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  3. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  4. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  5. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  6. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  7. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  8. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  9. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  10. もっとも単純な触媒「プロリン」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP