[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

関連記事

  1. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  2. トップデザイン変更
  3. Nsアミン誘導体
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  5. TFEDMA
  6. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  7. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  8. イリジウム錯体:Iridium-complex

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  2. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  3. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  4. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  5. 甘草は虫歯を予防する?!
  6. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  7. 萩反射炉
  8. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  9. 創薬化学
  10. 田中耕一 Koichi Tanaka

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP