[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

[スポンサーリンク]

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  2. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  3. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  4. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  5. (R,R)-DIPAMP
  6. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  7. サーバーを移転しました
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  2. ショウリョウバッタが吐くアレについて
  3. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  4. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  5. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  6. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  7. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  8. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも
  9. 高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる
  10. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP