[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

[スポンサーリンク]

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  3. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  4. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  5. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  7. 東京化成工業がケムステVシンポに協賛しました
  8. スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラーク・スティル W. Clark Still
  2. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  4. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  5. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  6. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  7. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  8. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent
  9. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  10. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP