[スポンサーリンク]

archives

新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

T2883.gif

芳香族トリフルオロメチル化合物は医薬品・農薬,高分子材料の合成で重要な中間体であり,これまで種々のトリフルオロメチル化試薬が報告されています。小宮1)およびGrushin2)らによって報告された(トリフルオロメチル)トリス(トリフェニルホスフィン)銅(I)は空気中で安定で取扱いが容易なトリフルオロメチル化試薬です。tBu-bpy存在下でヨウ化アリール類にトリフルオロメチル基を導入することが可能です。

Y. Usui, J. Noma, M. Hirano, S. Komiya, Inorg. Chim. Acta 2000, 309, 151. O. A. Tomashenko, E. C. Escudero-Adán, M. M. Belmonte, V. V. Grushin, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7655.

関連記事

  1. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  2. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  3. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  4. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  5. 有用なりん化合物
  6. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  7. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  8. ターボグリニャール試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者へのインタビュー
  2. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  3. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  4. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  5. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表
  6. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  7. “click”の先に
  8. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  9. 結晶世界のウェイトリフティング
  10. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP