[スポンサーリンク]

archives

NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応

D3611.gif


Shiらは,1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドから調製したN‐ヘテロ環状カルベン(N-Heterocyclic Carbene; NHC)‐ZnBr2触媒を用いた,二酸化炭素 (0.1 MPa) の末端エポキシドへの付加環化反応を報告しています。今までNHC触媒を用いる方法では高圧,高温条件を必要としたが,本触媒を用いると温和な条件で反応が進みます。本報告では,NHCと二酸化炭素の反応により生成するイミザゾリウム‐カルボキシラートが,エポキシドへ付加する反応機構を提示しています。

X. Liu, C. Cao, Y. Li, P. Guan, L. Yang, Y. Shi, Synlett 2012, 23, 1343.

関連記事

  1. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  2. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  3. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  4. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  5. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  6. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  7. GlycoProfile アジド糖
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  2. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  3. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry
  4. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  5. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  6. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  7. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  9. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  10. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP