[スポンサーリンク]

archives

NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応

[スポンサーリンク]

D3611.gif


Shiらは,1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドから調製したN‐ヘテロ環状カルベン(N-Heterocyclic Carbene; NHC)‐ZnBr2触媒を用いた,二酸化炭素 (0.1 MPa) の末端エポキシドへの付加環化反応を報告しています。今までNHC触媒を用いる方法では高圧,高温条件を必要としたが,本触媒を用いると温和な条件で反応が進みます。本報告では,NHCと二酸化炭素の反応により生成するイミザゾリウム‐カルボキシラートが,エポキシドへ付加する反応機構を提示しています。

X. Liu, C. Cao, Y. Li, P. Guan, L. Yang, Y. Shi, Synlett 2012, 23, 1343.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  2. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  3. π-アリルパラジウム錯体
  4. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  5. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  6. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  7. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  8. 【環境・化学分野/ウェビナー】マイクロ波による次世代製造 (プラ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素結合水H4O
  2. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  3. 沼田 圭司 Keiji Numata
  4. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング
  6. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule
  7. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  8. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  9. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  10. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP