[スポンサーリンク]

archives

NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応

[スポンサーリンク]

D3611.gif


Shiらは,1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドから調製したN‐ヘテロ環状カルベン(N-Heterocyclic Carbene; NHC)‐ZnBr2触媒を用いた,二酸化炭素 (0.1 MPa) の末端エポキシドへの付加環化反応を報告しています。今までNHC触媒を用いる方法では高圧,高温条件を必要としたが,本触媒を用いると温和な条件で反応が進みます。本報告では,NHCと二酸化炭素の反応により生成するイミザゾリウム‐カルボキシラートが,エポキシドへ付加する反応機構を提示しています。

X. Liu, C. Cao, Y. Li, P. Guan, L. Yang, Y. Shi, Synlett 2012, 23, 1343.

関連記事

  1. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  2. π-アリルパラジウム錯体
  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  4. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  5. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…
  6. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  7. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  8. HTTPS化とサーバー移転

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  2. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  3. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応
  4. Corey系譜β版
  5. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  6. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  7. 飯島澄男 Sumio Iijima
  8. 李昂 Ang Li
  9. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  10. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP