[スポンサーリンク]

archives

NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応

D3611.gif


Shiらは,1,3-ビス(2,6-ジイソプロピルフェニル)イミダゾリウムクロリドから調製したN‐ヘテロ環状カルベン(N-Heterocyclic Carbene; NHC)‐ZnBr2触媒を用いた,二酸化炭素 (0.1 MPa) の末端エポキシドへの付加環化反応を報告しています。今までNHC触媒を用いる方法では高圧,高温条件を必要としたが,本触媒を用いると温和な条件で反応が進みます。本報告では,NHCと二酸化炭素の反応により生成するイミザゾリウム‐カルボキシラートが,エポキシドへ付加する反応機構を提示しています。

X. Liu, C. Cao, Y. Li, P. Guan, L. Yang, Y. Shi, Synlett 2012, 23, 1343.

関連記事

  1. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  2. Reaxys無料トライアル実施中!
  3. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  4. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  5. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  6. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…
  7. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  8. ケムステ国際版・中国語版始動!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 170年前のワインの味を化学する
  2. エチレンを離して!
  3. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  4. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  5. 図に最適なフォントは何か?
  6. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  7. 【消臭リキ】マッチでトイレで消臭トライ 
  8. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  9. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  10. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP