[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

[スポンサーリンク]

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  2. ニュースタッフ参加
  3. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  6. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  2. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  3. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  4. 書物から学ぶ有機化学 2
  5. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  6. 鬼は大学のどこにいるの?
  7. ノーベル化学賞への道公開
  8. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  9. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  10. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP