[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  2. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  3. 向山酸化剤
  4. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  5. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  6. Gabriel試薬類縁体
  7. 田辺シリル剤
  8. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 孫悟飯のお仕事は?
  2. C-H酸化反応の開発
  3. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  4. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  6. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  8. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  9. とある化学者の海外研究生活:イギリス編
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP