[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  2. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  3. Reaxys無料トライアル実施中!
  4. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  5. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  6. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  7. XPhos
  8. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  2. 個性あふれるTOC大集合!
  3. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  4. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  5. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  6. ブルック転位 Brook Rearrangement
  7. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  8. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  9. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  10. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP