[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. (+)-MTPA-Cl
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  3. TFEDMA
  4. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  8. Nsアミン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  2. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  3. ケムステスタッフ徹底紹介!
  4. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  5. 研究室の大掃除マニュアル
  6. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  7. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加
  8. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  9. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  10. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP