[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  2. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  6. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  7. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  8. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人が集まるポスター発表を考える
  2. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  3. 文献管理ソフトを徹底比較!
  4. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  5. BTQBT : BTQBT
  6. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  7. 福山透 Tohru Fukuyama
  8. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  9. Nsアミン誘導体
  10. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP