[スポンサーリンク]

archives

10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

M1787.gif

Xuらは,有機触媒としてアクリジン類縁体を用いたBaeyer–Villiger 酸化反応を報告しています。それによれば,過酸化水素および触媒量の過塩素酸10-メチルアクリジニウムの存在下,光照射または80℃に加熱することにより,種々のシクロブタノン誘導体から高収率で対応するラクトン類が得られます。この反応はメタルフリーで簡便に行えるため,効率的で環境に優しい酸化反応として注目されています。

H. J. Xu, F. F. Zhu, Y. Y. Shen, X. Wan, Y. S. Feng, Tetrahedron 2012, 68, 4145.

関連記事

  1. 角田試薬
  2. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  3. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  4. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  5. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  6. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  7. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  8. Horner-Emmons 試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  2. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  3. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  4. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  5. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  6. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  7. チエナマイシン /thienamycin
  8. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  9. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  10. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP