[スポンサーリンク]

archives

環境ストレスに応答する植物ホルモン

A1698.gif

 
 

アブシジン酸(S)-(+)-アブシジン酸1はオーキシン,ジベレリン,サイトカイニン,ジャスモン,エチレン,ブラシノステロイドと共に知られる7種の植物ホルモンの一つです。例えば,植物は乾燥ストレスに応答して1の合成量を増やし,葉にある気孔を閉鎖することで水分が失われることを防ぎます。近年,1による様々な耐ストレスの遺伝子発現について,細胞内シグナル伝達経路の研究が進み,2009年にようやく1の受容体が発見されました。その後も1に関わる遺伝子や分子レベルの研究が盛んに行われており,食糧問題や環境問題の解決に繋がることが期待されています。

1)Y. Ma, I. Szostkiewicz, A. Korte, D. Moes, Y. Yang, A. Christmann, E. Grill, Science 2009, 324, 1064; 2)S.-Y. Park, P. Fung, N. Nishimura, D. R. Jensen, H. Fujii, Y. Zhao, S. Lumba, J. Santiago, A. Rodrigues, T. F. Chow, S. E. Alfred, D. Bonetta, R. Finkelstein, N. J. Provart, D. Desveaux, P. L. Rodriguez, P. McCourt, J.-K. Zhu, J. I. Schroeder, B. F. Volkman, S. R. Cutler, Science 2009, 324, 1068; 3)T. Umezawa, N. Sugiyama, M. Mizoguchi, S. Hayashi, F. Myouga, K. Yamaguchi-Shinozaki, Y. Ishihama, T. Hirayama, K. Shinozaki, Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2009, 106, 17588.

 

関連記事

  1. Xantphos
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  4. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  5. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  6. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  7. Grubbs第一世代触媒
  8. ジボラン(diborane)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エステルを使った新しいカップリング反応
  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)
  3. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  4. カンプトテシン /camptothecin
  5. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  6. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  7. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  8. 希少金属
  9. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  10. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP