[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、高次構造が変化しても解離することがないため、SDS-PAGEのように変性操作をともなう実験でも使用できる。レセプターとリガンドの結合部位を決…

  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

    溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。和光純薬工…

  4. ターボグリニャール試薬

    グリニャール反応はC-C結合を形成するための最も有用な反応の一つである。カル…

  5. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  6. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  9. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  10. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  11. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  12. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  13. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

  14. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  15. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  16. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  2. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion
  3. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  4. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  5. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  6. リピトールの特許が切れました
  7. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

PAGE TOP