[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. 取り扱いやすく保存可能なオキシム試薬(O-ベンゼンスルホニルアセトヒドロキサム酸エチル)

    概要近畿大学の兵藤先生が開発されたO-ベンゼンスルホニルアセトヒドロキサム酸エチルは、不安定なヒドロキシルアミンの等価体となる有用で取り扱いやすいオキシム反応剤です。触媒量のブレンステッド酸存在下、温和な条件で反応し、①アルデヒド→ニト…

  2. 金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

    概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

  3. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

    核酸とは?核酸とは、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の総称です。DNAは主に遺伝情…

  4. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  6. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

  7. ターボグリニャール試薬

  8. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

  9. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

  10. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  11. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  12. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  13. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  14. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  15. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  16. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  2. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授
  3. コランニュレンの安定結合を切る
  4. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  5. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  6. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授
  7. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

PAGE TOP