[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、高次構造が変化しても解離することがないため、SDS-PAGEのように変性操作をともなう実験でも使用できる。レセプターとリガンドの結合部位を決…

  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

    溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。和光純薬工…

  4. ターボグリニャール試薬

    グリニャール反応はC-C結合を形成するための最も有用な反応の一つである。カル…

  5. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  6. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  9. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  10. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  11. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  12. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  13. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

  14. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  15. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  16. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Pallambins A-Dの不斉全合成
  2. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Reaction
  3. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  4. アカデミックの世界は理不尽か?
  5. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  6. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  7. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP