[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、高次構造が変化しても解離することがないため、SDS-PAGEのように変性操作をともなう実験でも使用できる。レセプターとリガンドの結合部位を決…

  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

    溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。和光純薬工…

  4. ターボグリニャール試薬

    グリニャール反応はC-C結合を形成するための最も有用な反応の一つである。カル…

  5. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  6. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  9. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  10. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  11. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  12. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  13. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

  14. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  15. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  16. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  2. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  3. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination
  4. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  5. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン
  6. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  7. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

PAGE TOP