[スポンサーリンク]


archives試薬

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外にその反応活性には目を向けられていないものです。具体的に言うと、パラジウムカーボンは製造するメーカーに依って製造方法が異なっているため…

  2. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

    溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。和光純薬工…

  3. ターボグリニャール試薬

    グリニャール反応はC-C結合を形成するための最も有用な反応の一つである。カル…

  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

    澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II…

  6. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  7. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  8. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  9. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  10. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  11. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  12. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

  13. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  14. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  15. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

  16. セリ科植物に含まれる生理活性成分

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  2. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  3. 不正の告発??
  4. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  5. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  6. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  7. 野依 良治 Ryoji Noyori

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP