[スポンサーリンク]

archives

4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol

[スポンサーリンク]

D4047.gif

チオール系自己組織化単分子膜による有機薄膜トランジスタの改良

北村らはC60のnチャネル有機薄膜トランジスタ(TFT)において,ドレインとソース電極の金表面に4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオールの自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer: SAM)を形成させることで,有機TFTの改良をしています。電極を修飾していない場合に比べて閾値電圧が下がることが報告されており,これは修飾により電子注入障壁が減少しているためと考えられています。また,修飾電極表面の仕事関数の減少も見られ,電流増幅遮断周波数の向上も報告されています。

M. Kitamura, Y. Kuzumoto, S. Aomori, M. Kamura, J. H. Na, Y. Arakawa, Appl. Phys. Lett. 2009, 94, 083310; M. Kitamura, Y. Arakawa, Jpn. J. Appl. Phys. 2011, 50, 01BC01.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ウェブサイトのリニューアル
  2. Grubbs第二世代触媒
  3. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  4. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  5. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  6. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  7. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  8. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 立春の卵
  2. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた
  3. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ
  4. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  5. 書物から学ぶ有機化学4
  6. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  7. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  8. 第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士
  9. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  10. ベンジャミン・リスト Benjamin List

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP