[スポンサーリンク]

archives

4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol

[スポンサーリンク]

D4047.gif

チオール系自己組織化単分子膜による有機薄膜トランジスタの改良

北村らはC60のnチャネル有機薄膜トランジスタ(TFT)において,ドレインとソース電極の金表面に4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオールの自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer: SAM)を形成させることで,有機TFTの改良をしています。電極を修飾していない場合に比べて閾値電圧が下がることが報告されており,これは修飾により電子注入障壁が減少しているためと考えられています。また,修飾電極表面の仕事関数の減少も見られ,電流増幅遮断周波数の向上も報告されています。

M. Kitamura, Y. Kuzumoto, S. Aomori, M. Kamura, J. H. Na, Y. Arakawa, Appl. Phys. Lett. 2009, 94, 083310; M. Kitamura, Y. Arakawa, Jpn. J. Appl. Phys. 2011, 50, 01BC01.

関連記事

  1. コランヌレン : Corannulene
  2. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  4. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  5. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  6. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  7. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  8. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 香料:香りの化学3
  2. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  3. ニュースタッフ追加
  4. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発
  5. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  6. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  7. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  8. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  9. Grubbs第二世代触媒
  10. 超分子ポリマーを精密につくる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP