[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

[スポンサーリンク]

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  2. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  3. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  4. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  5. ターボグリニャール試薬
  6. 活性マグネシウム
  7. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  8. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  2. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  3. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  5. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する
  6. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohexaazaisowurtzitane (HNIW)
  7. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  8. Carl Boschの人生 その5
  9. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  10. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP