[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

[スポンサーリンク]

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  2. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  3. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  4. チアゾリジンチオン
  5. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  6. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  4. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  5. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  6. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  7. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  8. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授
  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  10. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP