[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

関連記事

  1. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  2. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  3. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  4. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  5. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  6. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  7. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  8. トルキセン : Truxene

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベン・シェンBen Shen
  2. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  3. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  4. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  6. DNAが絡まないためのループ
  7. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  8. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  9. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  10. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP