[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

関連記事

  1. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  2. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  3. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  4. ニュースタッフ参加
  5. スマホページをリニューアルしました
  6. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  7. ショウガに含まれる辛味成分
  8. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラックマネーに御用心
  2. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  3. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  4. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  5. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  6. カフェイン caffeine
  7. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  8. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  9. 化学業界と就職活動
  10. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP