[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

関連記事

  1. 安全なジアゾメタン原料
  2. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  3. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  4. ターボグリニャール試薬
  5. (+)-MTPA-Cl
  6. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  7. SelectfluorR
  8. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より
  2. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  3. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes
  4. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  5. アメリカ大学院留学:TAの仕事
  6. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)
  7. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  8. エルマンイミン Ellman’s Imine
  9. 天然物の全合成―2000~2008
  10. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP