[スポンサーリンク]

archives

ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

D4074.gif


Horner-Emmons試薬である(1,3-ジチアン-2-イル)ホスホン酸ジエチルは,アルデヒド・ケトン類と反応し,ケテンジチオアセタールを与えます。脱保護によりケテン中間体が生成し,続く加水分解やアルコールとの反応により,一炭素増炭したカルボン酸あるいはエステルが良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつです。

S. Hanessian, D. K. Maji, S. Govindan, R. Matera, M. Tintelnot-. Blomley, J. Org. Chem. 2010, 75, 2861.

関連記事

  1. 進化する カップリング反応と 応用展開
  2. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  3. ニュースタッフ追加
  4. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  5. モリブデン触媒
  6. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  7. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  8. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  3. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  4. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  5. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  6. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  7. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  8. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  9. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  10. 長井長義 Nagayoshi Nagai

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP