[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

  1. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村柾彦さんにお願いしました。(写真はStein, Switzerlandにある、Syngentaの試験場を含む研究所の全景。SCSより引用)…

  2. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  3. 合成化学者のための固体DNP-NMR

    先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

  4. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  5. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  6. 自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう

  7. ケムステのライターになって良かったこと

  8. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

  9. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  10. NMRの測定がうまくいかないとき

  11. 酵母還元 Reduction with Yeast

  12. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法

  13. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  14. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

  15. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

  16. NMRのプローブと測定(Bruker編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 銀を使ってリンをいれる
  2. 第10回ケムステVシンポ「天然物フィロソフィ」を開催します
  3. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  4. サーバーを移転しました
  5. 銀イオンクロマトグラフィー
  6. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  7. アルケンとCOとジボロンからジボリルシクロプロパンを作る

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

PAGE TOP