[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Basel大学化学科でArtificial metalloenyzmeの研究をされている岡本泰典さんにお願いしました。岡本さんは2014年に博士課程…

  2. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  3. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  4. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より

    2か月ほど前、ヨーロッパ若手研究者交流会( A cross-disciplinary Network…

  5. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  6. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  7. 海外のインターンに参加してみよう

  8. 香料:香りの化学3

  9. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  10. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  11. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

  12. Imaging MS イメージングマス

  13. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

  14. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

  15. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

  16. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  2. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成
  3. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  4. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  5. 2013年就活体験記(2)
  6. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~
  7. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP