[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

  1. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村柾彦さんにお願いしました。(写真はStein, Switzerlandにある、Syngentaの試験場を含む研究所の全景。SCSより引用)…

  2. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  3. 合成化学者のための固体DNP-NMR

    先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

  4. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  5. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  6. 自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう

  7. ケムステのライターになって良かったこと

  8. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

  9. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  10. NMRの測定がうまくいかないとき

  11. 酵母還元 Reduction with Yeast

  12. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法

  13. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  14. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

  15. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

  16. NMRのプローブと測定(Bruker編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  2. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  3. 李昂 Ang Li
  4. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  5. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  6. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  7. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する

注目情報

最新記事

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している D…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

PAGE TOP