[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

    今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合わせた研究をされており、ETH Zurich Department of Chemistry and Applied Biosciences…

  2. 変わったガラス器具達

    皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

  3. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)

    最近マスターの学生に分取薄層クロマトグラフィー (Preparative Thin-Layer Ch…

  4. Swiss Government Excellence Scholarships for Foreign Scholars

    皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計…

  5. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  6. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  7. スイスでポスドクはいかが?

  8. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  9. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より

  10. ヘリウム不足再び?

  11. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  12. 海外のインターンに参加してみよう

  13. 香料:香りの化学3

  14. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  15. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  16. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!
  2. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  3. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  4. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  5. 「引っ張って」光学分割
  6. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  7. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP