[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より

    2か月ほど前、ヨーロッパ若手研究者交流会( A cross-disciplinary Network for Japanese Young Scientists in Europe)というイベントに参加してきました。今回はそんな国外の超マイ…

  2. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  3. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

    Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

  4. 海外のインターンに参加してみよう

    みなさま就活の進捗状況はいかがでしょうか? 今回の記事ではヨーロッパのインターンについて紹介したいと…

  5. 香料:香りの化学3

    海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

  6. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  7. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  8. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

  9. Imaging MS イメージングマス

  10. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017

  11. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

  12. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

  13. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  14. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

  15. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜

  16. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  2. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  3. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  4. プラトー反応 Prato Reaction
  5. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  6. 化学工場災害事例 ~爆発事故に学ぶ~
  7. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

PAGE TOP