[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

  1. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年のノーベル賞関連記事と同様に彼女の業績についてハイライトさせていただきました。多くのケムステ読者の皆様にもノーベル賞ということで彼女の(現在…

  2. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村…

  3. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  4. 合成化学者のための固体DNP-NMR

    先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

  5. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  6. トンネル効果が支配する有機化学反応

  7. 自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう

  8. ケムステのライターになって良かったこと

  9. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

  10. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  11. NMRの測定がうまくいかないとき

  12. 酵母還元 Reduction with Yeast

  13. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法

  14. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  15. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

  16. Mestre NovaでNMRを解析してみよう

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  2. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授
  3. comparing with (to)の使い方
  4. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  5. 組曲『ノーベル化学賞』
  6. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授
  7. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

注目情報

最新記事

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

PAGE TOP