[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

  1. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

    皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計画の邁進のためこれからも頑張ってください。現在の研究をまとめるためにお忙しくされていると思われるので、この記事を読む必要はありません。次回の…

  2. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

    海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  4. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  5. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  6. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より

  7. ヘリウム不足再び?

  8. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  9. 海外のインターンに参加してみよう

  10. 香料:香りの化学3

  11. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  12. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  13. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

  14. Imaging MS イメージングマス

  15. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

  16. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  2. English for Writing Research Papers
  3. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  4. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  5. 「細胞専用の非水溶媒」という概念を構築
  6. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  7. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

注目情報

最新記事

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

PAGE TOP