[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

    ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder Future Leaders プログラム(こちらは2019年の応募情報)です。ケムステの過去記事にもあるように、このプログラムはCASが主催し…

  2. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018

    ケムステをいつもご覧になっている方であれば、この時期にこのタイトルをみればもうお馴染みですが、今年も…

  3. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ

    ケムステをずっと見ている方にはもうお馴染みですが、今年もCASが主催するSciFinder Futu…

  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

    A transformation is happening in global energy mar…

  5. 光触媒による水素生成効率が3%に

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水…

  6. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成

  7. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム

  8. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ

  9. CV書いてみた:ポスドク編

  10. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

  11. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

  12. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

  13. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?

  14. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

  15. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット

  16. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  2. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  3. 第8回平田メモリアルレクチャー
  4. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  5. ダウとデュポンの統合に関する小話
  6. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  7. ワッカー酸化 Wacker oxidation

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP