[スポンサーリンク]

一般的な話題

2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ

[スポンサーリンク]

ケムステをずっと見ている方にはもうお馴染みですが、今年もCASが主催するSciFinder Future Leaders プログラムの参加募集が開始されました。ケムステの過去記事()にもあるように、このプログラムではオハイオ州にある大学やCAS等の企業見学に加えACS Fall meeting(@ボストン)に無料で招待され(航空券、宿泊費、学会参加費等はすべてCAS持ち)、さらに賞金として1000$が支給されます。

募集要項は

  1. 博士課程の学生かポスドクである
  2. 500-1000字のエッセイ(研究にどのようにSciFinderを利用しているか?)
  3. 履歴書
  4. 推薦状

のみです。(日本からの募集期限は4月18日まで

これまでの方の体験談にもある様に日本からの応募者が少なく選ばれる確率が高く(?)、チャンスなので思い切って応募してみましょう!見事選ばれた場合は非常に素晴らしい経験が出来ます。

昨年は中島誠也さん(千葉大学)が参加され、前回と同様、化学情報協会による記事では「ケムステの記事がきっかけで応募し参加した!」ということでしたので、是非インタビューを!、ということで色々と参加された感想をお聞きしてみました。

Q1.申し込みのきっかけはなんですか?

SciFinderのログインページよりプログラムの存在は知っていたのですが、ケムステの過去の参加者の体験談を見て申し込んでみようと思いました。

指導教官である教授に相談してみると「挑戦してみなさい」と言って頂けたので応募しました。

世話人Peterと

世話人Peterと

Q2.エッセイ(英語)を書く際に心がけた点は何でしょうか?

絶対通りたいと思っていたのでエッセイは結構頑張りました。英語でのちゃんとしたエッセイを書くのは初めてだったので、とりあえず「決定版 英語エッセイ•ライティング」を購入し勉強しました。丸一冊勉強し終えるのに一ヶ月くらいかかったので、一遍のエッセイのために少しやり過ぎた感じはしますが、勉強した内容を基に「The value of SciFinder to my research」というタイトルでエッセイを書き上げました。その後更にダメ押しで教授に学内のネイティブの教授を紹介していただき、評価と校正を行ってもらいました。目の前で「こういう表現、単語はこの場合は使わない」など我々ノンネイティブには理解が難しい部分を色々教えてもらったので非常にタメになりました。

また、CV(英語の履歴書)も初めて作成したので、アカデミアな就職やポスドク申請の仕方が載っているアメリカのサイトをいくつかピックアップし、それらを参考に作成しました。

 

Q3.事前に準備したこと・ものはありますか?

修士課程の頃台湾に1ヶ月程留学はしたことがありましたが、英語圏に行くのは初めてでしたので英会話を本やアプリ等で練習しました。それ以外の準備(航空券やホテルの手配)は全てSciFinderの方が行ってくれたのでアンケート的なのに応えるだけで準備出来ました。

 

Q4.プログラムの良かった点を教えてください。

このプログラムは国際的な友人関係が構築できる最良の機会だと思います。世界中から化学を専攻する博士(課程)が集められているので楽しくないはずがありません。過去、現在、将来の話に盛り上がり、色々な国の文化や研究環境も知ることが出来ます。現在でも特に仲が良くなったメンバーとは連絡を取り合っています。

また、アルコールとお土産以外の経費は全てSciFinderが払ってくれるので金銭面の心配は特に必要ないのも魅力の一つです。

そして化学者ならば誰しもが使うSciFinder、その本社でどのように仕事がされているのか、どんな設備があるのかを見学できるのはこのプログラムに参加するかSciFinderに就職しなければできないかと思います。

(韓国からの参加者Tae-woo kwonさんとプログラム終了後浅草にて)

(韓国からの参加者Tae-woo kwonさんとプログラム終了後浅草にて)

 

Q5.もう一度参加するなら準備したいこと・ものはありますか?

アジア、ヨーロッパ、ラテン系の参加者とは英語でのコミュニケーションにそれほど問題は無かったものの、やはりネイティブスピーカーのスピードと文の長さにはついていくのは大変でした。日本で準備しても準備しきれない部分だとも思いますが、もう一度参加するならネイティブスピードに対応出来るように準備しときたいです。

Q6.実際に参加してみて、参加前の想像と違っていたことはありますか?

過去の参加者のケムステの記事だとグループワークが多い印象でしたが、2015年度はそうでもなく、レクチャーや施設見学が多かったように思えます。

4

SciFinderでのレクチャーの様子

また、2015年度は過去の参加者も招待された特別な年だったので非常に沢山の人が参加していました。ディナー以外は基本的に別行動でしたが、様々な人と話すことが出来ました。

5

2014年参加の稲葉さんと

SciFinder本社でのプログラムは朝集合してディナー後に解散という形でしたが、ACS meetingに参加している期間はほぼ完全にフリータイムで各々が好き好きに行動できるという形だったのも予想外でした。自分の興味のある講演や発表の日は聞きに行き、それ以外の日は仲良くなった友人らと観光に行くことが出来ました。

6

ACSでのレセプション

 

Q7.この記事を読んで「参加しようかな」と思っている方にメッセージをお願いします。

このプログラムでの経験や出来る人間関係は一生ものの財産になります。少しでも興味があるなら絶対応募した方がいいです。JAICI(化学情報協会)のHPにも過去の参加者のインタビュー記事がありますので是非参考にして下さい。

後に手厚いサポートをしていただいたSciFinderの方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

申し込みは4月18日まで

いかがでしょうか?参加すると、世界各国から集まった優秀な若手研究者たちと貴重な体験が出来ることは間違いありません!締切までまだ一か月ほどあるので今すぐエッセイを書いて応募しましょう!!申込はこちら

最後に、忙しい中インタビューにご協力いただきました中島誠也さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

関連書籍

 

関連動画

外部リンク

 

Ohno

投稿者の記事一覧

博士(理学)。ナノ材料に関心があります。

関連記事

  1. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  2. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  3. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  5. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  6. 第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催し…
  7. 高分子を”見る” その2
  8. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  2. カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ
  3. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  4. 大井貴史 Takashi Ooi
  5. バイオ医薬 基礎から開発まで
  6. 2008年イグノーベル賞決定!
  7. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  8. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)
  9. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  10. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

クオラムセンシング阻害活性を有する新規アゾキシアルケン化合物の発見―薬剤耐性菌の出現を抑える感染症治療薬への応用に期待―

第405回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院統合生命科学研究科 生物工学プログラム 細胞機能…

【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編

今年4月に発売された書籍で、発売記念著者インタビュー動画も発売前に撮影したのですが、書籍の到…

Dihydropyridazinone環構造を有する初の天然物 Actinopyridazinoneを発見 ~微生物の持つヒドラジン生合成経路の多様性を解明~

第404回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院 天然物化学研究室の有馬 陸(あり…

化学企業のグローバル・トップ50が発表【2022年版】

The world’s chemical industry didn’t just gr…

常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!

Tshozoです。先日ChemRxivに、東京大学西林研究室による最新の触媒成果が発表されました…

第172回―「小分子変換を指向した固体触媒化学およびナノ材料化学」C.N.R.Rao教授

第172回の海外化学者インタビューは、C.N.R. Rao教授です。CSIR Centre for …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP