[スポンサーリンク]

会告

第22回次世代を担う有機化学シンポジウム

[スポンサーリンク]

「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディスカッションする場を増やし、若手の研究活動をエンカレッジしよう」との主旨に基づいて発足した次世代を担う有機化学シンポジウムも、次回で第22回目となります。主に博士課程の大学院生、ポスドク、若手教員からの口頭発表に対し、白熱した討論が実施されてきました。
また、近年では、英語口頭発表の積極的な受け入れ、海外の一流若手研究者による招待講演、学位取得後の若手研究者に向けたJISEDAI Symposium Lectureship Awardの創設など、日本の若手研究者のレベルアップに向けた企画が開始されています。一方で、学部学生の参加費無料化、発表時間を少し短く設定したショートトークなど、より若い世代が参加しやすくなるような取り組みも実施しています。

詳細はホームページをご覧ください。
学生を含む若手研究者の皆さんからの積極的な発表申込をお待ちしております!

次回の次世代シンポ、ここに注目!

→大学院生・学部学生の皆さん、次世代シンポに参加し、発表しませんか?

・大学院生の参加費は500円、非発表の学部学生の参加費は無料(発表者は500円)です。ワンコインで参加できるのが嬉しいところです。
・学生からの優れた研究発表には、優秀発表賞を準備しています。

→若手研究者のLectureship Awardへの挑戦をお待ちしております。

・学位取得後の薬学会員である若手研究者が対象で、次世代シンポにおいて英語での口頭発表を行って頂きます。こちらの賞は、これまでの業績を総合的に評価するものではなく、当日発表していただく研究のみで評価致します。若い方にもチャンスがある賞となっていますので、ぜひ積極的にチャレンジしていただければ幸いです。過去に応募されたものの、受賞を逃した方も、前回の応募から論文にして1報程度の進展があれば応募可能です。再チャレンジもお待ちしております。
また、受賞者(1名)には、講演ツアーを通じて国内外に若手研究者の化学をアピールする機会が提供される予定です。講演ツアーの報告書が化学系薬学部会のHPに掲載されていますので、ぜひご一読ください。講演ツアーの報告書については、今後も続々とアップロードする予定です。https://chem.pharm.or.jp/

→今回も新進気鋭な海外の若手研究者に御講演していただく予定です。

海外研究者の招待講演については、上海有機化学研究所(SIOC)のJinghan Gui 先生に御講演を頂く予定です。


(写真はThe Gui Research Groupホームページより引用)
Gui先生の研究室のWebsiteはこちら

詳細はホームページをご覧ください。
学生を含む若手研究者の皆さんからの積極的な発表申込をお待ちしております!

第22回次世代を担う有機化学シンポジウム 会告詳細

【概要】

日時 2024年5月31日(金)~6月1日(土)
会場 日本薬学会長井記念ホール(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-15)
(現時点ではオンライン中継付きの現地開催を予定していますが、今後変更になることもあります。)
内容 有機化学およびその関連分野における基礎研究から応用研究を対象としたシンポジウムです。次世代を担う気概にあふれた学生、若手研究者からの発表を募集します。
発表形式
(1) 口頭発表(英語または日本語、講演15分 + 質疑応答10分)
(2) ショートトーク(学生限定とします。英語または日本語、講演10分 + 質疑応答5分)
(3) JISEDAI Symposium Lectureship Awardの選考を兼ねた発表(英語、講演15分+質疑応答10分)
主催 日本薬学会化学系薬学部会
協賛 有機合成化学協会,日本薬学会医薬化学部会,日本薬学会生薬天然物部会,Chem-Station
ホームページ https://chem.pharm.or.jp/symposium/jisedai2024/

【重要期日】

発表申込締切
(1)と(2) 2024年3月1日(金)
(3) 2024年2月2日(金)
※(3)のJISEDAI Symposium Lectureship Awardへのノミネートは、締切が早く、また年齢制限(2024年4月1日時点で36歳未満)と1年以上継続して薬学会員という条件があるのでご注意ください。
講演要旨締切 2024年4月12日(金)
予約参加申込締切 2024年4月26日(金)
意見交換会 長井記念ホール前ロビーにて開催予定

【参加費】

参加費 (   )は当日.なお,会員価格は薬学会個人会員に適用されます.
一般会員2,000円(3,000円)
一般非会員3,000円(4,000円)
学生会員500円(500円)
学生非会員500円(500円)
非発表者の学部学生は無料.

意見交換会費
一般4,000円(5,000円)
学生2,000円(2,000円)

【問合先】

京都市左京区 京都工芸繊維大学 分子化学系 有機フッ素化学研究室内
第22回次世代シンポ事務局 安井 基博
(E-mail: jisedai22@kit.ac.jp)

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応
  2. 金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™…
  3. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  4. OMCOS19に参加しよう!
  5. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)
  6. タンパクの「進化分子工学」とは
  7. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-…
  8. 食中毒と衛生管理の重要性ーChemical Times特集より

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 石見銀山遺跡
  2. 【基礎からわかる/マイクロ波化学(株)ウェビナー】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験動画、実証設備、安全対策を公開〜
  3. 自己治癒するセラミックス・金属ーその特性と応用|オンライン|
  4. Accufluor(NFPI-OTf)
  5. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  6. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  7. 【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション
  8. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー
  9. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授
  10. 貴金属触媒の活性・硫黄耐性の大幅向上に成功

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

半導体・リチウムイオン電池にも!マイクロ波がもたらすプロセス改善

<内容>電子レンジでおなじみの”マイクロ波”は、昨今、プロセスの脱炭素化及び効率…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP