[スポンサーリンク]

会告

第22回次世代を担う有機化学シンポジウム

[スポンサーリンク]

「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディスカッションする場を増やし、若手の研究活動をエンカレッジしよう」との主旨に基づいて発足した次世代を担う有機化学シンポジウムも、次回で第22回目となります。主に博士課程の大学院生、ポスドク、若手教員からの口頭発表に対し、白熱した討論が実施されてきました。
また、近年では、英語口頭発表の積極的な受け入れ、海外の一流若手研究者による招待講演、学位取得後の若手研究者に向けたJISEDAI Symposium Lectureship Awardの創設など、日本の若手研究者のレベルアップに向けた企画が開始されています。一方で、学部学生の参加費無料化、発表時間を少し短く設定したショートトークなど、より若い世代が参加しやすくなるような取り組みも実施しています。

詳細はホームページをご覧ください。
学生を含む若手研究者の皆さんからの積極的な発表申込をお待ちしております!

次回の次世代シンポ、ここに注目!

→大学院生・学部学生の皆さん、次世代シンポに参加し、発表しませんか?

・大学院生の参加費は500円、非発表の学部学生の参加費は無料(発表者は500円)です。ワンコインで参加できるのが嬉しいところです。
・学生からの優れた研究発表には、優秀発表賞を準備しています。

→若手研究者のLectureship Awardへの挑戦をお待ちしております。

・学位取得後の薬学会員である若手研究者が対象で、次世代シンポにおいて英語での口頭発表を行って頂きます。こちらの賞は、これまでの業績を総合的に評価するものではなく、当日発表していただく研究のみで評価致します。若い方にもチャンスがある賞となっていますので、ぜひ積極的にチャレンジしていただければ幸いです。過去に応募されたものの、受賞を逃した方も、前回の応募から論文にして1報程度の進展があれば応募可能です。再チャレンジもお待ちしております。
また、受賞者(1名)には、講演ツアーを通じて国内外に若手研究者の化学をアピールする機会が提供される予定です。講演ツアーの報告書が化学系薬学部会のHPに掲載されていますので、ぜひご一読ください。講演ツアーの報告書については、今後も続々とアップロードする予定です。https://chem.pharm.or.jp/

→今回も新進気鋭な海外の若手研究者に御講演していただく予定です。

海外研究者の招待講演については、上海有機化学研究所(SIOC)のJinghan Gui 先生に御講演を頂く予定です。


(写真はThe Gui Research Groupホームページより引用)
Gui先生の研究室のWebsiteはこちら

詳細はホームページをご覧ください。
学生を含む若手研究者の皆さんからの積極的な発表申込をお待ちしております!

第22回次世代を担う有機化学シンポジウム 会告詳細

【概要】

日時 2024年5月31日(金)~6月1日(土)
会場 日本薬学会長井記念ホール(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-15)
(現時点ではオンライン中継付きの現地開催を予定していますが、今後変更になることもあります。)
内容 有機化学およびその関連分野における基礎研究から応用研究を対象としたシンポジウムです。次世代を担う気概にあふれた学生、若手研究者からの発表を募集します。
発表形式
(1) 口頭発表(英語または日本語、講演15分 + 質疑応答10分)
(2) ショートトーク(学生限定とします。英語または日本語、講演10分 + 質疑応答5分)
(3) JISEDAI Symposium Lectureship Awardの選考を兼ねた発表(英語、講演15分+質疑応答10分)
主催 日本薬学会化学系薬学部会
協賛 有機合成化学協会,日本薬学会医薬化学部会,日本薬学会生薬天然物部会,Chem-Station
ホームページ https://chem.pharm.or.jp/symposium/jisedai2024/

【重要期日】

発表申込締切
(1)と(2) 2024年3月1日(金)
(3) 2024年2月2日(金)
※(3)のJISEDAI Symposium Lectureship Awardへのノミネートは、締切が早く、また年齢制限(2024年4月1日時点で36歳未満)と1年以上継続して薬学会員という条件があるのでご注意ください。
講演要旨締切 2024年4月12日(金)
予約参加申込締切 2024年4月26日(金)
意見交換会 長井記念ホール前ロビーにて開催予定

【参加費】

参加費 (   )は当日.なお,会員価格は薬学会個人会員に適用されます.
一般会員2,000円(3,000円)
一般非会員3,000円(4,000円)
学生会員500円(500円)
学生非会員500円(500円)
非発表者の学部学生は無料.

意見交換会費
一般4,000円(5,000円)
学生2,000円(2,000円)

【問合先】

京都市左京区 京都工芸繊維大学 分子化学系 有機フッ素化学研究室内
第22回次世代シンポ事務局 安井 基博
(E-mail: jisedai22@kit.ac.jp)

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  2. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  3. 高分子鎖の「伸長」と「結晶化」が進行する度合いを蛍光イメージング…
  4. 【書籍】10分間ミステリー
  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  6. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解卑金属めっきの各論編~…
  7. 【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教え…
  8. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学における特許権侵害訴訟~特許の真価が問われる時~
  2. 売切れ必至!?ガロン瓶をまもるうわさの「ガロテクト」試してみた
  3. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  4. ここまで来たか、科学技術
  5. 有機合成化学協会誌2022年11月号:英文特別号
  6. 生涯最高の失敗
  7. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  8. グサリときた言葉
  9. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  10. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP