[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ボロールで水素を活性化

    (さらに…)…

  2. BO triple bond

    筆者が個人的に好きな基礎化学研究の中に「新しい結合の創生」があります。シンプルゆえに成果そのもの…

  3. UV-Visスペクトルの楽しみ方

     新しく合成した化合物を論文に投稿する際、NMRやX線による構造解析の他にも、融…

  4. カルベンで挟む!

    最近はどの論文雑誌にも、必ず一つはカルベンに関する研究が報告されている気がします。そのカルベン、…

  5. 素粒子と遊ぼう!

    化学者たるもの、各元素の性質については詳しいことと思います。どんな研究であれ、基本的には元素の性…

  6. 最近の金事情

  7. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”

  8. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

  9. アブノーマルNHC

  10. プロペランの真ん中

  11. YADOKARI-XG 2009

  12. F. S. Kipping賞―受賞者一覧

  13. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

  14. 櫻井英樹 Hideki Sakurai

  15. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

  16. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  2. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  3. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  4. SelectfluorR
  5. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  6. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  7. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP