[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

StarryNight

StarryNight

  1. ボロールで水素を活性化

    (さらに…)…

  2. BO triple bond

    筆者が個人的に好きな基礎化学研究の中に「新しい結合の創生」があります。シンプルゆえに成果そのもの…

  3. UV-Visスペクトルの楽しみ方

     新しく合成した化合物を論文に投稿する際、NMRやX線による構造解析の他にも、融…

  4. カルベンで挟む!

    最近はどの論文雑誌にも、必ず一つはカルベンに関する研究が報告されている気がします。そのカルベン、…

  5. 素粒子と遊ぼう!

    化学者たるもの、各元素の性質については詳しいことと思います。どんな研究であれ、基本的には元素の性…

  6. 最近の金事情

  7. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”

  8. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

  9. アブノーマルNHC

  10. プロペランの真ん中

  11. YADOKARI-XG 2009

  12. F. S. Kipping賞―受賞者一覧

  13. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

  14. 櫻井英樹 Hideki Sakurai

  15. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

  16. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年イグノーベル賞決定!
  2. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  3. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  6. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  7. カラムやって

注目情報

最新記事

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

PAGE TOP