[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

StarryNight

  1. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに…)…

  2. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  3. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

    固まりかけた知識は掃除してみても、いいかもしれません。 (さらに…)…

  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  5. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間…

  6. ゲルマニウムビニリデン

  7. 単結合を極める

  8. ヘテロベンザイン

  9. アルカリ土類金属触媒の最前線

  10. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  11. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  12. ホウ素-ジカルボニル錯体

  13. リンと窒素だけから成る芳香環

  14. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  16. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②
  2. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  3. 酸化銅/酸化チタンによる新型コロナウイルスの不活化およびそのメカニズム解明に成功
  4. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen
  5. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  6. 卓上NMR
  7. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

注目情報

最新記事

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

PAGE TOP