[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が、有機および有機金属合成において幅広く利用されている。これら誘導体中のアルミニウムの酸化数は、基本的に+IIIである。 (さらに&h…

  2. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

    固まりかけた知識は掃除してみても、いいかもしれません。 (さらに…)…

  3. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  4. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間…

  5. ゲルマニウムビニリデン

    分子の末端に" =C: " 部位を持つ化合物として、イソニトリル(RN=C:)があります。この窒素の…

  6. 単結合を極める

  7. ヘテロベンザイン

  8. アルカリ土類金属触媒の最前線

  9. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  10. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  11. ホウ素-ジカルボニル錯体

  12. リンと窒素だけから成る芳香環

  13. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  14. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  15. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  16. 水素社会~アンモニアボラン~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. パーコウ反応 Perkow Reaction
  2. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  3. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  4. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  5. 年に一度の「事故」のおさらい
  6. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”
  7. 君には電子のワルツが見えるかな

注目情報

最新記事

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

君はPHOZONを知っているか?

唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart I…

ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

PAGE TOP