[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

StarryNight

  1. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに…)…

  2. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  3. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

    固まりかけた知識は掃除してみても、いいかもしれません。 (さらに…)…

  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  5. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間…

  6. ゲルマニウムビニリデン

  7. 単結合を極める

  8. ヘテロベンザイン

  9. アルカリ土類金属触媒の最前線

  10. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  11. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  12. ホウ素-ジカルボニル錯体

  13. リンと窒素だけから成る芳香環

  14. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  16. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ラジカルonボロンでフロンのクロロをロックオン
  2. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  3. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授
  4. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  5. 産学それぞれの立場におけるマテリアルズ・インフォマティクス技術活用
  6. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. 乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP