[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

    固まりかけた知識は掃除してみても、いいかもしれません。 (さらに…)…

  2. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  3. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間…

  4. ゲルマニウムビニリデン

    分子の末端に" =C: " 部位を持つ化合物として、イソニトリル(RN=C:)があります。この窒素の…

  5. 単結合を極める

    炭素原子間に単結合を形成する方法、あなたはいくつ知っていますか?求電子剤および求核剤を用いた当量…

  6. ヘテロベンザイン

  7. アルカリ土類金属触媒の最前線

  8. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  9. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  10. ホウ素-ジカルボニル錯体

  11. リンと窒素だけから成る芳香環

  12. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  13. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  14. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  15. 水素社会~アンモニアボラン~

  16. リガンド革命

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  2. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  3. 2012年イグノーベル賞発表!
  4. スローン賞って知っていますか?
  5. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  6. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  7. 筑波山

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP