[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」

    COVID-19に関する緊急事態宣言により多くの大学・研究機関で実験ができない状態になっています。先日の一斉休校時には科学技術広報研究会によるサイトなどでさまざまな実験動画を見ることができましたが、こうも長引くと実際に自分で手を動かしてみた…

  2. 有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年4月号がオンライン公開されました。世…

  3. Carl Boschの人生 その7

    Tshozoです。前回のつづき早速いきます。少し調査量が増えたためペースを見誤っていますが通常運転で…

  4. Carl Boschの人生 その6

    Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

  5. 研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

    令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

  6. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

  8. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

  9. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

  10. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

  11. ケムステのライターになって良かったこと

  12. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

  13. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

  14. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

  15. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

  16. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  2. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  3. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  4. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  5. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  6. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  7. 『分子標的』に期待

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

PAGE TOP