[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. アマゾン・アレクサは化学者になれるか

    音声認識の進歩により、機械が人間の声を認識しアクションを起こすことが家庭用の機器で手軽にできる世の中になっています。そこで化学に関する言葉もちゃんと認識されるか、アマゾン・アレクサにいろいろな化合物や化合物を伝える実験を行いました。…

  2. 有機合成化学協会誌2021年5月号:『有機合成のブレークスルー』合成反応の選択性制御によるブレークスルー

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年5月号がオンライン公開されました。今…

  3. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

    皆さんが普段使う歯磨き粉 (歯磨剤) の広告において、たびたび”フッ素配合”や“フッ素の力で歯を強く…

  4. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

    接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

  5. 【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

    日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

  6. キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

  7. ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

  8. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

  9. いろんなカタチの撹拌子を試してみた

  10. 【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

  11. ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

  12. 食中毒と衛生管理の重要性ーChemical Times特集より

  13. 【Spiber】新卒・中途採用情報

  14. 【Spiber】タンパク質 素材化への挑戦

  15. Spiber株式会社ってどんな会社?

  16. 有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

スポンサー

ピックアップ記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  2. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  3. ケムステSlack、開設二周年!
  4. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  5. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  6. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定
  7. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

PAGE TOP