[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに

    ある化合物のNMRの化学シフト値を調べるときには、文献から合成例かSDBSといったデータベースから実測値を調べるのが通常の手段ですが、実測値がない場合には予測値でもいいから知りたいという場合もあります。一昔前は、あまり精度が良くないChem…

  2. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ あとがき

    Tshozoです。「ま た お ま え か」と言われるかもしれませんが前回、前々回のあとがき代わりに…

  3. 特許の基礎知識(1)そもそも「特許」って何?

    皆様はじめまして。この度ケムステに加えて頂いた、ハンドルネームP.A.と申します。化学系の修…

  4. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

    突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

  5. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

    重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

  6. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線

  7. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2

  8. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】

  9. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part II

  10. 企業の組織と各部署の役割

  11. 科学雑誌 Newton 2019年6月号は化学特集!

  12. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

  13. 化合物の秤量

  14. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

  15. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

  16. 香りの化学4

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  2. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル
  3. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  4. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  5. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?
  6. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  7. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

PAGE TOP