[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。

新年度にも慣れてきたころですね.年度の中では,比較的腰を据えて研究することのできる時期になってきました.

有機合成化学協会誌を読んで,研究に活かしましょう.

キーワードは、「四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチドです。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言 ウィリアムソン教授の日本近代化への功績

今回の巻頭言は,東ソー・ファインケム株式会社の江口久雄代表取締役社長による寄稿記事です.
本記事の読者で,ウィリアムソン反応を知らない人はいないと思います.しかし私は,ウィリアムソン教授の功績を,ほとんど知りませんでした.
江口社長の巻頭言で,今後何年も忘れないであろう知識を得ました.ありがとうございます.みなさん必読です!!

四塩化チタンを用いるアルドール縮合の開発と展開

杉浦正晴*

*崇城大学薬学部

本総合論文では、四塩化チタンで促進されるアルドール反応と塩基によるオキシチタン種の脱離反応をワンポットで行う新しいアルドール縮合反応の開発について、その研究に至った経緯から、反応機構の解明、基質適用範囲の拡大、生成物の利用まで述べられている。

アミン触媒による多置換アルデヒド・ケトンの選択的フッ素化反応

有光 暁*

*琉球大学理学部海洋自然科学科化学系

本総合論文では、新規なアミン触媒であるβ,β-ジアリールセリン触媒の開発とβ-ジカルボニル化合物の直接的不斉フッ素化反応に関して述べています。さらに、種々のアミン触媒を用いたα,β-不飽和アルデヒドのα位選択的フッ素化反応についても紹介しており、触媒・Brønsted酸・溶媒・水の添加など様々な反応条件を精査することにより、複数の反応選択性を巧みに制御することに成功しています。

二酸化炭素を炭素源とする触媒的な有機合成反応の開発:環境調和型反応を目指して

藤原哲晶*

2022年度有機合成化学協会企業冠賞 東ソー・環境エネルギー賞

*京都大学大学院工学研究科

二酸化炭素は、入手容易で再生可能なC1炭素資源です。しかし、化学的に安定であるため、効率的で実用的な化学変換を実現するには新たな反応開発が必要です。本論文では、著者らがこれまで取り組んできた遷移金属錯体触媒を利用した二酸化炭素を炭素源とする有機合成反応を紹介しています。銅、ニッケル、コバルトなど第一遷移系列金属を利用した触媒と反応試剤をうまく組み合わせて、数々のカルボキシル化反応を達成しており、著者らの独自のアイデアが学べる論文です。

分子内環化によるジブロモインデンおよびテトラブロモインダセンの合成と新規光機能性COPV誘導体の開発

岩田啓佑、辻 勇人*

2020年度有機合成化学協会企業冠賞 富士フイルム・機能性材料化学賞

*神奈川大学理学部化学コース

π共役系は平面化することで、有効に共役することが知られています。著者らが開発された「炭素架橋オリゴフェニレンビニレン(COPV)」は、縮環により美しく平面化された構造を有するまさに理想的なπ共役系分子です。本総合論文では、COPV研究の最新の展開として、臭素置換体の効率的合成法の開発とそれを活用する機能物質創製とその特性について述べられています。ぜひご一読ください。

環状ペプチドの構造–膜透過性相関の解明へ向けた受動的膜透過性計測手法の開発とその応用

森本淳平、山東信介*

*東京大学工学系研究科化学生命工学専攻

環状ペプチドの医薬品応用には「受動的細胞膜透過性」が鍵となる。その重要性は解っていても,環状ペプチドはそう簡単に細胞内には入ってくれません。それならば,どのような環状ペプチドが受動的細胞膜透過性が高いのかを測って調べるしかない! 一般的な合成化学とは少し趣が異なる「膜透過性の測定」ですが,様々な研究分野の方々が多くのことを学ぶことができる総合論文です。

Review de Debut

今回のReview de Debutは1件です.オープンアクセスですのでぜひご覧ください.

「イソプロペニル基の除去」を用いた全合成日本大学文理学部)堤 大洋

感動の瞬間:ニトロソ,ニトロン,オキシム:窒素と酸素の化学に魅せられた日々

今月号の感動の瞬間は,昭和薬科大学 田村 修 名誉教授による寄稿記事です.反応性,魅力的な性質に富んだ興味深い化合物が多々登場します.ぜひご覧ください.

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくあ…
  2. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合…
  3. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!
  4. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  5. グローブボックスあるある
  6. 【食品・飲料業界の方向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と…
  7. インフルエンザ対策最前線
  8. 酵素の分子個性のダイバーシティは酵素進化のバロメーターとなる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 標準物質ーChemical Times特集より
  2. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  3. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編②
  4. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」
  5. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  6. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  7. 化学に関係ある国旗を集めてみた
  8. マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進
  9. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表
  10. 海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP