[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。

暑すぎて暑すぎて、つまり実験日和ですね。涼しい部屋で有機合成化学協会誌を読みましょう!

キーワードは、「イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:有機合成化学協会の研究会事業について:ご紹介と思い出

今月号の巻頭言は、慶應義塾大学理工学部の高尾賢一教授による寄稿記事です。有機合成化学協会の様々な取り組みについて紹介してくださっています。オープンアクセスです。

イミン類縁体の極性転換反応と生物活性物質合成への展開

溝田 功*、清水 真

*三重大学大学院工学研究科応用化学専攻

 イミンの窒素原子を求電子的に使うにはどうしたらいいのだろうか?イミンをカルボニル基と共役させ、反応条件をうまく設定すれば…。本総合論文には、α-イミノエステルの隠された反応性の発見と、そこから生みだされたユニークで、使い勝手のある分子変換の数々が示されています。含窒素化合物の合成に新たな選択肢をもたらす化学を、ぜひご一読下さい。

特異な光学特性を示す縮環アズレン類の創出

庄子 卓1*関口龍太2伊東俊司2*

1日本大学工学部生命応用化学科

2弘前大学大学院理工学研究科

 アズレンが光る!光らない分子として知られるアズレンだが、官能基化されたアズレンが酸に応答し光ることがわかった。本総説には著者らが取り組んできた官能基化アズレンの合成がまとめられている。

アルコール・エーテルC-O結合ホモリシスに基づく分子変換

菅 拓也*、宇梶 裕*

*金沢大学理工研究域物質化学系

 合成化学者はできれば安価な原料を基質に選択したいと頭の片隅にあると思います。本論文は、多様なバリエーションがあり安価な原料が多いアルコールやエーテルを基質に用い、ラジカル的なC-C結合形成反応について、菅先生と宇梶先生が考え抜かれた経緯と共に研究成果がまとめられています。また、低原子チタンの化学としても大変興味深い内容となっています。是非ご一読ください下さい。

ハロカルビンおよびカーバイド反応剤による炭素原子移動反応の開発

黒木 尭*

*京都大学大学院理学研究科

 著者により独自に展開されてきた、テトラハロメタンと CrX2 の反応により生じる、様々な金属カルベノイド種の構造、電子的性質、反応性の違いがわかりやすく紹介されている独創的な総説です。クロム種の有機金属化学のみならず、有機化学の基礎的化学、合成化学への貢献も多大な研究で、読み応えのある内容になっています。

ボールミル処理の機械的な力を利用した触媒的バイオマス分解反応

小林広和1*福岡 淳2

1* 東京大学大学院総合文化研究科先進科学研究機構

2北海道大学触媒科学研究所

 本論文では、東大の小林先生、北大の福岡先生が推進しているメカノケミカル反応によるセルロース、キチンの解重合反応とキチン分解物の化学変換反応について述べられています。ボールミル処理中に発生する機械的な力が、グリコシド結合の加水分解にどのように影響するのかについて、詳しく記載されています。分子を機械的な力により活性化させるというコンセプトと、非可食性バイオマスの分子変換技術は、どちらも本誌読者にとって大変魅力的な内容であるように思います。

Review de Debut

今月号のReview de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひ。

光励起ニトロアレーンを利用した最近の酸化反応 (徳島大学大学院医歯薬学研究部)佐藤亮太

Message from Young Principal Researcher (MyPR):学生とともに研究を楽しむ

澁谷 正俊 先生

今月号のMy PRは、日本女子大学理学部の澁谷 正俊 准教授による寄稿記事です。
著名な先生でも、計画通りに進まないことは多いのですね。そのような状況でもどう研究をしていくか、非常に参考になります。

ケミカルズ覚え書き

今月号はケミカルズ覚え書きがあります!レアです!!

・LiHMDS、NaHMDSおよびKHMDS (アセンサス・スペシャリティーズ)岡野一哉

感動の瞬間:それぞれの場所でのそれぞれの感動

今月号の感動の瞬間は、愛知淑徳大学食健康科学部,愛知工業大学工学部,名古屋大学名誉教授の吉田 久美先生の寄稿記事です。

吉田先生がこれまでこんなに様々な研究場所で活躍されているとは知りませんでした。。。臨場感を感じました。必読です。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 条件最適化向けマテリアルズ・インフォマティクスSaaS : mi…
  2. 論説フォーラム「研究の潮目が変わったSDGsは化学が主役にーさあ…
  3. 赤外光で分子の結合を切る!
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  5. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  6. 不正の告発??
  7. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  8. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー̶…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会(M&BE) 新分野開拓研究会2023 「電子とイオンの織りなすサイエンス: 材料・デバイス・センシング」
  2. ノーベル化学賞まとめ
  3. アロタケタールの全合成
  4. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  5. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  6. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  7. ChatGPTが作った記事を添削してみた
  8. 十全化学株式会社ってどんな会社?
  9. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―
  10. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP