[スポンサーリンク]


化学地球儀日本

  1. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ

    日本化学会化学遺産委員会がスロイス『舎密学』と『グリフィス『化学筆記』を化学遺産に認定したことを受けて、それぞれを所蔵する金沢市玉川図書館近世史料館と福井市立郷土歴史博物館では展示会を開催する。幕末から明治初期にかけて近代化学の講義が行…

  2. 科学警察研究所

    警察庁の附属機関として科学捜査、犯罪防止、交通事故防止等についての研究を行っている機関である。…

  3. 資生堂企業資料館

    静岡県掛川市にある資生堂の資料館で、化粧品に関する展示がある。マップその他の化学地球儀はこち…

  4. 道修町ミュージアムストリート

    道修町ミュージアムストリートは大阪府大阪市にある医薬品に関する資料館が点在する通り。道修町通りの堺筋…

  5. 金沢ふるさと偉人館

    金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

  6. 合同資源上瀑工場

  7. 日本酸素記念館

  8. イトムカ鉱山

  9. サントリー白州蒸溜所

  10. オカモト株式会社茨城工場

  11. ノーベル街道起点

  12. 官営八幡製鐵所関連施設

  13. 萩反射炉

  14. 韮山反射炉

  15. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)

  16. 多摩霊園

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. 172番元素までの周期表が提案される
  3. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  4. クメン法 Cumene Process
  5. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  6. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)
  7. 分子標的薬、手探り続く

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP